Xiaomi、2015年のスマートフォン販売台数は7000万台--目標に届かず

CNET Japan
Xiaomi、2015年のスマートフォン販売台数は7000万台--目標に届かず

xiaomi_logo_image2.jpg

Xaomi(小米科技)雷氏は当初、2014年の販売目標を1億台と設定していましたが、
その後、自身の見積もりを8000万台に下方修正しています。
この最新の数字は、Xiaomiが現地時間1月15日に公表しています。



Xiaomiが目標に達しなかった一因は、中国のスマートフォン市場の全般的な低迷にあるとされており
2015年は総じて成長が鈍化しています。それでも、Xiaomiの市場シェアは
競合のHuawei(ファーウェイ)に勝利したことを意味する点で重要な意味を持っています。

Huawei自身も2015年に大きな飛躍を遂げ、「Nexus 6P」でGoogleと提携したことにより、
国外でのブランド認知度を向上させています。

更にもう1点、スマートフォン販売の低迷につながった要因として考えられるのが、
「Mi 4」の後継モデルの不在とされています。

Xiaomiのブランド力を支えていたのは、ミッドレンジの「Mi」シリーズですが。
2015年に同社が注力したのは「Redmi 3」などの手頃な価格帯の端末と、
「Mi Note Pro」などのハイエンド端末でした。

当ブログ関連記事
小米の新旗艦スマホ、鴻海が残業で製造 ディスプレイは曲面と2Kの2モデル
小米のスマホ、韓国で販売停止 サムスン・LGが圧力?
中国スマートフォン市場、ファーウェイがシャオミに代わって出荷台数首位に(追記)
中国TV市場で台頭 小米・レノボ・LeTV


関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter