米連邦政府、自動運転車普及に40億ドル投資を提案

ITmedia
米連邦政府、自動運転車普及に40億ドル投資を提案

US-aoutshow_image1.jpg
北米国際オートショーで米連邦政府の取り組みを発表するフォックス長官(中央)

米運輸長官のアンソニー・フォックス氏は、デトロイトで開催中の北米国際オートショーにおいて、
オバマ政権が公道での自動運転車普及のため、向こう10年間で40億ドル(約4700億円)近くを
投じることを提案したと発表しています。


自動運転車関連の(州単位ではなく)全米の統一ルールの作成がねらいとのこと。
例えば米カリフォルニア州車両管理局(DMV)は、自動運転車にはハンドルやブレーキの搭載と
ドライバーの乗車を義務付ける規制案を発表するなど、州ごとに規制案を作成しており、
こうした統一性のなさが自動運転車普及の障害になっていると米Googleをはじめとする
自動運転車開発メーカーは主張しています。

US-aoutshow_image2.jpg
Googleの自動運転車に試乗するフォックス長官

米運輸省幹線道路交通安全局(NHTSA)は同日、2016年の運輸省の取り組みの1つとして、
「人間のドライバーが乗車しない設計のものを含む完全自動な自動車の大量導入を確実にするための
新たな連邦行政機関の設立も検討している」と発表しています。

連邦政府はカリフォルニア州と異なり、今後自動運転車の安全性が高まれば、
ドライバーが乗車しないモデルも承認する用意があるということのようです。

Googleは現在、ハンドルもブレーキもない完全な自動運転車を開発中です。
同社が毎月公開する自動運転車の報告書の12月版によると、2014年9月から累計で
約42万4000マイル(約68万キロ)走行する中、ドライバーが手動運転に切り替えなければ
事故につながった可能性があったのは13回だったとのこと。

関連記事
TechCrunch:
米政府、自動運転車研究に今後10年間で40億ドルを投資

当ブログ関連記事
「自動運転車の事故率は従来車より低い」 米調査
米グーグル、自動運転車プロジェクトでパートナー拡大に意欲
グーグル、フォードと自動運転車関連の合弁会社設立へ(Yahoo Auto報道)(追記)
自動運転実験プロジェクト、世界各国で続々開始-米ミシガン大が巨大実験施設(追記)

    
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter