ミネベアとミツミ電機が経営統合へ(追記)

EETimes
ミネベアとミツミ電機が経営統合へ

Minebea-Mitsumi_logo_image.jpg

ミネベアとミツミ電機は2015年12月21日、経営統合に向けて
協議および検討を進めていくことで合意したと発表しています。
経営統合は両社の株式交換により行われる予定で、ミツミ電機の株主に対し、
ミネベアの株式を割り当て交付するとのこと。ミツミ電機がミネベアの傘下に入る形です。
株式交換の効力発生日は2017年4月1日としています。


経営統合後の体制としては、まずミネベアの商号は、同社の株主総会における承認を得られることを
条件として、株式交換の効力発生と同時に「ミネベア ミツミ」に変更する予定です。
ミツミ電機の商号については、両社で協議の上、決定するとしています。

Minebea-Mitsumi_mage1.png

2017年4月1日以降は、ミネベア ミツミの既存事業を、会社分割によりミツミ電機あるいは
新設するミネベア ミツミの完全子会社に継承するといった方法で、ミツミ電機の法人格は維持しつつ
ミネベア ミツミを持ち株会社形態に移行させるなどの再編を行うとのこと。
ただし、具体的な再編の方法や時期については、今後両社で協議を進めながら決定していく予定とのことです。

経営統合の狙い

今回の経営統合の狙いは3つだとされています。
まずは事業ポートフォリオの強化です。ミツミ電機が手掛ける車載関連製品を、
ミネベアの販売チャネルに拡販するなど、顧客基盤を強化するとしています。
さらに、ミツミ電機のスイッチやセンサー、コネクタなどの入力機器や変換/制御機器と、
ミネベアのモーター/アクチュエータといった出力機器を組み合わせ、
ハイエンドなニッチ市場を狙うとしています。

Minebea-Mitsumi_image2.png

さらに、2つ目の狙いとして生産体制の最適化によるコスト競争力の向上、
3つ目として開発力の向上およびソリューションの提供を挙げています。

2015年9月末時点での従業員数はミネベアが7万206人、ミツミ電機が3万9853人。
2015年3月期の連結売上高は、ミネベアが5006億7600万円、ミツミ電機が1530億4500万円となっています。

関連記事
(16/01/07追記)
EETimes:ミネベアとミツミ電機の経営統合:「救済ではなくシナジーを生むための最善策」
(16/01/11追記)
日経ビジネスONLINE:ミネベア・ミツミ統合「オンリーワンで勝つ」M&A巧者の一大決心、統合比率に課題
(16/02/09追記)
NEWSWITCH:ミネベア社長「何もしないと、強さを失ってしまう」

当ブログ関連記事
Radiant、ミネベアから流出のiPhone 6s Plus向け受注で絶好調
来期もスマホ向け売り上げ拡大、米国向け採用増へ=TDK社長
来期スマホ市場は1ケタ成長に鈍化、部品は需要増へ=村田製社長
日本電産、設備投資を増額 iPhone向けなど振動モーター拡大

    
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter