FC2ブログ

日韓 有機ELテレビの動向

韓国LG Displayは先日発表された55型の有機ELテレビ用のパネルについて量産ラインを立ち上げるようです。
サイズはG8.5と液晶パネルの最新ラインと同様の大型サイズですので、
かなり思い切った投資かと思われます。

http://www.nikkei.com/article/DGXNASGM1801T_Y3A210C1EB2000/

 【ソウル=尾島島雄】韓国のLGディスプレーは18日、ソウル近郊の坡州(パジュ)市の工場に
7063億ウォン(約610億円)を投資し、テレビ用有機ELパネルの量産ラインを設置すると発表した。
有機ELテレビの基幹部品となるパネルの大規模な量産ラインは世界初となる。
液晶テレビの次世代品として期待する有機ELテレビの事業化が本格的に動き出す。
 第8.5世代(2200ミリ×2500ミリ)のガラス基板を使う新ラインを導入し、2014年上半期から量産する計画。
月間の生産能力は2万6千枚(ガラス基板投入ベース)。
同世代の基板は現在の主流である液晶パネルの最先端ラインと同じ大きさとなる。
 当面は55型のテレビに使うパネルを生産する。
グループのLG電子は18日、世界で初めてとなる55型の有機ELテレビの出荷を韓国で開始。
3月までに米欧、今春に日本市場でも発売する方針だ。
現在の製品に搭載するパネルは試験的なラインで生産している。
 LGが採用する製造方法は、白色の有機EL材料で画面を照らす方式で、映像を表示するには
液晶テレビと同様にカラーフィルターなどが必要。
サムスン電子などの方式に比べて消費電力は多いが、製造がしやすく「現実解」(パネルメーカー幹部)と
業界で評価されている。
 一方、サムスンは赤緑青の3色の有機材料を高温で気化させてガラス基板の上に形成する方式を採用。
テレビ向けの研究を続けているほか、すでにスマートフォン(スマホ)に採用している。
大画面を作る場合、有機材料を均一に形成するのが難しく、歩留まりが低下。
サムスンは有機ELテレビの発売が遅れている。
 日本勢ではソニーパナソニックが共同でパネルの製造技術の開発を進めている。
ソニーは台湾の友達光電(AUO)とも技術開発を急いでおり、13年中にも
低コストで高品質のパネル製造技術を確立する考えだ。
 米NPDディスプレイサーチによると、世界の有機ELテレビ市場の本格化は14年から。
13年に5万台程度の市場規模は14年には170万台まで拡大する見通し。
日韓メーカーのほか中国勢も参入をうかがっている。


一方、有機ELの4Kテレビを発表したソニーパナソニックは共同生産会社を設立する模様です。
有機ELテレビの動きが俄かに慌ただしくなってきました。

gooニュース
ソニー、パナソニックが有機ELで共同生産会社 「日の丸連合」巻き返し


ソニー・パナソニック 有機ELパネル生産会社


ソニーパナソニックが次世代テレビ技術と期待される有機EL(エレクトロルミネッセンス)パネルを
生産する共同出資会社の設立に向け協議に入ったことが15日、分かった。
官民ファンドの産業革新機構も出資する方向で調整し、2013年度にも設立する。
有機ELテレビの商品化ではサムスン電子など韓国勢が先行しているが、
ライバル関係にある両雄がタッグを組み、「日の丸連合」で巻き返しを図る。
 共同出資で投資負担を減らし、生産コスト引き下げを加速するのが狙い。
革新機構も出資し日本の「お家芸」だったテレビ産業の復活を支援。
生産会社の資本金や出資比率、工場の立地場所など詳細は今後詰める。
 共同出資会社で生産した有機ELパネルは、ソニーとパナソニックがそれぞれ引き取り、
自社の家庭用テレビや、医療機関や放送局などで使用する業務用モニターなどに組み込んで販売する計画だ。
パネルを他のテレビメーカーなどに販売することも検討している。
 両社は昨年6月、有機ELパネルの研究開発で提携、年内の量産技術確立を目指している。
今回、提携関係を生産段階にまで拡大し国際競争力を高める。
 有機ELは電圧をかけると発光する有機物でできた電子材料で、液晶テレビよりも薄くできるほか、
画質も高く、消費電力も少ないといった特徴がある。
有機ELテレビをめぐってはLG電子が今年2月の発売を計画し、
サムスン電子は今年前半にも発売するとみられている。
 ブラウン管テレビの時代に世界市場を席巻したソニーとパナソニックだが、
薄型テレビの普及とともに韓国勢が大規模な設備投資で攻勢をかけ、競争が激化した。
これに対し、ソニーはブラウン管時代の成功体験が抜けきれず、薄型テレビ用パネルの投資で出遅れた。
一方のパナソニックは数千億円規模の巨額を投じ、パネルの新工場を国内に建設して韓国勢に対抗したが、
製品価格の下落や円高などで採算が悪化。結果的に「過剰投資になった」(同社幹部)。
関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter