オハラ、耐衝撃・高硬度クリアガラスセラミックスを発売

OPTRONICS ONLINE
オハラ、耐衝撃・高硬度クリアガラスセラミックスを発売

Ohara_clearglassceramics_image.png
販売を開始したクリアガラスセラミックス

オハラは、耐衝撃・高硬度の材料であるクリアガラスセラミックスの販売を開始しています。


このクリアガラスセラミックスは化学強化ガラスを凌ぐ耐衝撃特性と、
サファイアクリスタルガラスを上回る強度を持つもので、同社がこれまで宇宙・天文分野で培った
ナノテクノロジーを応用し、高い透過率を実現したとしています。

具体的には、一般的なボロシリケートガラスと比べ、硬度が30%向上し、鋼球落下衝撃試験で10倍以上となっており、
さらに化学強化ガラスと比較すると、硬度が20%向上し、鋼球落下衝撃試験で3倍以上の耐衝撃特性を持つとのこと。
落下試験では1.27mの高さから最大10倍の鋼球を落としても割れないとしています。

Ohara_clearglassceramics_balldroptest_image.png
鋼球落下試験のようす

また、割れの原因となるクラックも発生しないとのことです。
このような優れた特性を持つ製品ですが、切削・研磨・成形性などはガラス並みの加工性を実現し、
サファイアクリスタルガラスの20分の1程度に工程時間を短縮することができるとしています。

Ohara_clearglassceramics_clack_image.png
ビッカーズ硬さ試験によるダイヤモンド圧子を500gf荷重で押し込んだようす

想定している用途はスマートフォンやタブレットなどのモバイル機器、オートモーティブ関連、
医療機器や撮影機器など。透過率が高いという特長により、既に国産メーカー・一眼レフ交換レンズ用
高級レンズプロテクター製品への搭載が決定しているとのことです。

オハラニュースリリース
耐衝撃・高硬度クリアガラスセラミックスを発売

関連記事
日経テクノロジーオンライン:サファイア・クリスタルガラスを超える強度のガラスセラミックス

当ブログ関連記事
日本電気硝子、熱膨張係数のバリエーションを揃えた基板ガラスを発売
SCHOTTの薄板ガラス、スマホの指紋センサーカバーに採用
旭硝子、UV・IRカットリアガラスを発売
日本板硝子、サーモクロミック調光ガラスを試験販売

    
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter