台湾、OLED量産能力で韓国に遅れ憂慮

EMSOne
【液晶パネル】 台湾、OLED量産能力で韓国に遅れ憂慮

apple_iphone6s_3D-Touch_image1.jpg

アップルApple)が2018年にもスマートフォンiPhone」のディスプレイに有機EL(OLED)を採用するとの
観測が市場や業界で取りざたされています。
こうした中、アップルがディスプレイの研究・開発(R&D)センターを設立していたことが明るみに出た台湾では、
iPhoneに搭載するOLEDを台湾企業が受注することに対する期待が高まっていますが、
一方で、先行する韓国系業者に量産能力で大きく後れをとっていることを懸念する声も上がっているようです。

当ブログ関連記事
アップル、台湾に新設した研究所にて「micro-LEDディスプレイ」を開発中か
iPhone出荷減速への懸念深まる、サプライヤーの低調な見通しで
4インチ「iPhone」、「A9」搭載で2016年初頭に登場か--KGI Securitiesアナリストが予測
台湾パネル2社、OLED取り組み遅れが致命傷になる恐れ 金融機関レポート


関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter