東芝がリストラ策発表、5500億円の最終赤字へ(追記)

REUTERS
東芝がリストラ策発表、5500億円の最終赤字へ

toshiba_logo_image.jpg

東芝は、パソコンや映像などのライフスタイル部門で約6800人、コーポレート部門で約1000人の
再配置・早期退職を実施すると発表しています。
この結果、2016年3月期の連結最終損益は5500億円の赤字になる見通しとのこと。


Toshiba_151222_PC_restracture_image.jpg

パソコン事業は安定的な収益の確保が可能なBtoBを中核に据えた体制とし、BtoCは事業範囲を限定。
海外拠点を現在の13拠点から4拠点に集約するとともに、他社との事業再編を視野に入れ、事業を分社化。
これに伴い、2014年度末の関連人員の約3割に当たる1300人の再配置・早期退職を実施するとのこと。

Toshiba_151222_TV_restracture_image.jpg

映像事業では、海外は自社開発・販売を終了し、ブランド供与型ビジネスに移行するとしています。
国内は固定費削減・収益力の強化を図り、自社開発・販売を継続。
これに伴い、2014年度末から2016年3月末までに関連人員の約8割に当たる3700人の再配置・早期退職を実施。

Toshiba_151222_lifestyle_restracture_image.jpg

家庭電器事業も他社との事業再編を視野に入れ、さらなる効率化と固定費削減を図るとのこと。
6拠点を3拠点に集約するほか、2014年度末から2016年3月末までに約1800人の再配置・早期退職を実施。
ライフスタイル事業の効率化を図るため、開発拠点の青梅事業所は閉鎖・売却する方針とのことです。

REUTERS:東芝、インドネシアのTV・洗濯機工場を中国スカイワース社に売却
REUTERS:ヘルスケアは外部資本導入、東芝TMSC株売却へ=東芝社長

Toshiba_151222_image1.jpg

Toshiba_151222_image2.jpg

構造改革費用としては、半導体部門で600億円、ライフスタイル部門で800億円、
さらに改革策の詳細を明かさなかったHDDなど他の事業で900億円、合せて2300億円を
計上する見込みとなっています。
他に資産評価減1100億円や、売り上げ悪化に伴う利益減(約3500億円)を見込み、
2015年度の通期営業損益予想を3400億円の赤字に修正。
通期純損益予想も5500億円の赤字に修正しています。

Toshiba_151222_image3.jpg

過去最大の赤字に転落することで、2015年度末の株主資本は4300億円と前年度末より6540億円も減少。
株主資本に対する現預金を除いた有利子負債の割合(Net D/Eレシオ)は、
前年度末の105%から340%に跳ね上がり、財務体質の改善が急務の状況となっています。

関連記事
EETimes:東芝 民生大幅縮小、虎の子ヘルスケア売却で生き残り
AVWatch:東芝、テレビは国内に注力し、自社開発/販売継続
ITmedia
東芝、PC事業分社化 テレビは国内で開発・販売継続 再編を正式発表 青梅は閉鎖・売却へ
東芝、ライフスタイル部門で6800人再配置・早期退職 最終赤字5500億円に
CNET Japan
東芝、映像やPC事業などの構造改革を発表--テレビ国内市場は継続
東芝、構造改革を断行--最終赤字5500億円で過去最大
(16/01/07追記)
ITmedia:東芝 周回遅れの改革 家電大なた振るうも「攻め」の戦略見出せず
WSJ:東芝、果てしないリストラの末
日経テクノロジーオンライン:東芝が5500億円の赤字へ、家電中心に1万人削減
(16/01/12追記)
AV Watch:「家電の東芝」は消えてしまうのか ~他社との事業再編を視野に入れる家電事業の行方は?
(16/01/17追記)
ITmedia:東芝もやめてしまうのか 洗濯機メーカーは3~4社に 「白物家電王国」の落日
(16/07/31追記)
ITmedia:東芝が映像事業の新体制を明らかに――東芝映像ソリューション設立へ

    
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter