世界ウェアラブル市場、2100万台出荷で規模が3倍に--1位Fitbit、2位Apple

CNET Japan
世界ウェアラブル市場、2100万台出荷で規模が3倍に--1位Fitbit、2位Apple

world_of_wearable_tech_apply_image.jpg

IDCは、世界ウェアラブルデバイス市場に関する調査結果を発表しています。
それによると、2015年第3四半期の出荷台数は2100万台で、
前年同期の710万台から197.6%増となっています。


出荷台数1位は引き続きFitbitだが、2015年4月の発売から2四半期経過した「Apple Watch」が
好調でFitbitに迫り、早くもウェアラブルデバイス市場は2強体制になっています。
そのほかには中国ベンダーの成長が目立つものの、中国以外の市場での出荷台数はまだ少ない模様です。
また、BBK傘下の中国ベンダーXTCがランクインし、Samsung Electronicsがトップ5圏外へ落ちています。

出荷台数の上位5ベンダーなどの状況は以下のとおりとなっています。

1位:Fitbit
出荷台数:470万台(前年同期の230万台から101.7%増)
市場シェア:22.2%(前年同期32.8%)

2位:Apple
出荷台数:390万台(前年同期は未発売)
市場シェア:18.6%

3位:Xiaomi
出荷台数:370万台(前年同期の40万台から815.4%増)
市場シェア:17.4%(前年同期5.7%)

4位:Garmin
出荷台数:90万台(前年同期の50万台から72.5%増)
市場シェア:4.1%(前年同期7.0%)

5位:BBK
出荷台数:70万台(前年同期は未発売)
市場シェア:3.1%

その他
出荷台数:730万台(前年同期の390万台から88.8%増)
市場シェア:34.6%(前年同期54.6%)

合計
出荷台数:2100万台(前年同期の710万台から197.6%増)

IDC_wearabledevice_product_mp_image.png
出荷台数(出典:IDCの公表データをグラフ化)

IDC_wearabledevice_product_share_image.png
出荷台数ベースの市場シェア(出典:IDCの公表データをグラフ化)

ウェアラブルデバイスの種類に着目すると、スマートウォッチが注目を集めているものの、
ウェアラブル型フィットネス用トラッキングデバイスの需要を奪っていないとのこと。
両タイプのデバイスは今後もそれぞれ成長を続け、機能面でウェアラブル選択の幅が広がる見通しとのことです。
IDCは、こうした選択肢の広がる現象が価格面でも起きると予想しています。

当ブログ関連記事
ウェアラブルは「着る」から「貼る」へ 筋肉の動きを測定する「電子ナノ絆創膏」 早稲田大学が開発
ウェアラブル端末、医療・高齢者介護に照準-東芝やNTTなど、用途拡大へ機能強化
国内ウエアラブル端末市場は2020年に680万台---シード・プランニングが予測
2020年まではウェアラブル、3Dプリンタが成長市場--NRI調査

    
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter