シャープが液晶在庫圧縮 半年で2割減計画、出資交渉見据える

日本経済新聞
シャープが液晶在庫圧縮 半年で2割減計画、出資交渉見据える

Sharp_Head_Office_image.jpg

経営再建中のシャープは液晶パネルの在庫を圧縮すると報じられています。


2016年3月期末までに1000億円規模と15年9月末比で2割減らす方針とのこと。
中国など新興国で販売拡大をめざすほか、生産も縮小。官民ファンドの産業革新機構などと
シャープ本体や分社化する液晶事業への出資交渉を進めており、
資産の整理による財務体質の改善を急ぐとのこと。

中国での液晶事業の不振などによって、液晶パネルの在庫は6月末時点で約1500億円分となっています。
中国などで販売を強化し、9月末までに約200億円減らしていますが、
来春までにはさらに約300億円圧縮するとしています。

シャープは10月に中国・深圳に販売拠点を開設し、中国のスマートフォン(スマホ)やパソコンメーカーへの
営業を強化しています。新興国では値下げをして売り込む構えのようです。
一部パネルについては評価損の計上も検討するとのこと。

在庫圧縮に踏み切る背景には、資金回収によって財務体質を改善し、
革新機構などとの出資交渉を進めやすくする狙いがあります。
シャープの16年3月期の液晶事業の営業損益は300億円の赤字(前期は5億円の黒字)の見込み。
中国経済の失速などを背景に期初想定(450億円の黒字)を大幅に下回る状況です。

当ブログ関連記事
シャープ、液晶の生産再編 亀山でのテレビ用終了
シャープ、奈良・天理工場に本社移転か-シャープは否定
シャープ、液晶TV事業は継続・黒字化体質へ=小谷執行役員(追記)
シャープ救済、佳境へ。主力2行が債権放棄する案浮上 産業革新機構の支援と引き換えに(追記)

    
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter