FC2ブログ

NEDOら、薄膜系太陽電池で世界最高の変換効率を達成

OPTRONICS ONLINE
NEDOら、薄膜系太陽電池で世界最高の変換効率を達成

NEDO_CIS-solar-cell_22p3_image.jpg

NEDOは、ソーラーフロンティアとの共同研究を通して、CIS系薄膜太陽電池のセルにおいて
変換効率22.3%を達成したと発表しています。


今回達成した変換効率は、薄膜系太陽電池の世界記録である21.7%を0.6ポイント塗り替えるものとのことです。

NEDOは、2030年までに太陽光発電の発電コストを7円/kWh(従来型火力発電並の発電コスト)にするという
目標の達成を目指して、発電コスト低減技術の開発を進めています。
太陽電池の変換効率向上は、太陽光発電における発電コストの低減に大きく寄与するため、
世界中の企業、研究機関が取り組んでいる状況です。

特に、薄膜系太陽電池は、省資源で生産性に優れ低コスト化できるという特長があり、
さらなる変換効率向上が期待されています。

今回、NEDOの「太陽光発電システム次世代高性能技術の開発」プロジェクトとして、
NEDOの共同研究先であるソーラーフロンティアが、太陽光を吸収するCIS光吸収層の表面部分の品質向上や
太陽電池内部の境界面の形成技術の改良に取り組み、CIS系薄膜太陽電池の世界最高変換効率22.3%を
達成(ドイツのフラウンホーファー研究機構で検証、確認)したとのこと。

この変換効率は、薄膜系太陽電池に比べて高性能と言われている多結晶シリコン系太陽電池においても
未達成であり、これまでの薄膜系太陽電池の世界記録を大きく上回るものとなっています。

作製したCIS系薄膜太陽電池のセル(約0.5cm2)に用いた製法は、ソーラーフロンティアの主力工場である
国富工場(宮崎県国富町)で採用している技術と同じもので、量産にも適しているため、
市販製品(90cm×120cm)への早期の応用が期待されるとのこと。

ソーラーフロンティアは、このプロジェクトで得られた成果について、大面積での面内均一性と
製造プロセス再現性の確認のための検証を行なった後、実用化する予定としています。
NEDOは、太陽光発電開発戦略(NEDO PV Challenges)で掲げる発電コスト目標(2030年7円/kWh)の
実現に資する高性能と高信頼性を両立した太陽電池の開発を進めていくとのことです。

NEDOニュースリリース
薄膜系太陽電池で世界最高の変換効率を達成
―NEDOプロジェクトによりCIS系で22.3%―



当ブログ関連記事
RATO、有機系太陽電池の実証試験を開始
NIMS、高信頼/高効率ペロブスカイト太陽電池を開発
物材機構など、太陽電池向け高品質・低価格な単結晶シリコンの製造技術を開発
長州産業、「バックコンタクト」+「ヘテロ」で効率21.5%の太陽電池セル

    
関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter