シャープ、液晶の生産再編 亀山でのテレビ用終了

日本経済新聞
シャープ、液晶の生産再編 亀山でのテレビ用終了

sharp.jpg

シャープが不採算の液晶パネルの生産を再編することが明らかになったと報じられています。
亀山第2工場(三重県亀山市)でテレビ用の一部パネルの生産を早期に終了し、
稼働が大幅に低下している三重工場(同県多気町)からスマートフォン(スマホ)向けパネルの
一部移管を検討するとのこと。三重工場では車載用の高付加価値パネルの生産を増やす考えのようです。


亀山第2工場では現在、スマホ向け中小型パネルと画面サイズが32インチのテレビ用パネルを生産しています。
これまで稼働率を高めるためテレビ向けパネルを生産してきましたが、
収益性が低いため、やめることにしたとのこと。

その他の工場の状況は下記になります。
・三重第1工場・・・3月に閉鎖済。
・三重第3工場・・・スマホ向け液晶を製造するも、稼働率が3割程度に低下。
          一部モデルを亀山第2工場に移すことを検討し、
           車載向けパネル「フリーフォームディスプレイ」の生産を行う。

シャープの液晶事業は2016年3月期の営業損益が300億円の赤字になる見込みです。
市況の低迷などを受けて苦戦が続いており同事業の収益改善が急務となっています。


当ブログ関連記事
シャープ、奈良・天理工場に本社移転か-シャープは否定
シャープ、液晶TV事業は継続・黒字化体質へ=小谷執行役員(追記)
シャープ救済、佳境へ。主力2行が債権放棄する案浮上 産業革新機構の支援と引き換えに(追記)
シャープ、液晶提携「複数社と協議」 液晶赤字拡大(追記)

    
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter