三菱重工、原子力災害時などで作業員を補助するパワーアシストスーツを開発

マイナビニュース
三菱重工、原子力災害時などで作業員を補助するパワーアシストスーツを開発

Mitsubishi_ind_powerassist-suit_image1.jpg
パワーアシストスーツ

三菱重工業は日本原子力発電と共同で、原子力災害時などで作業員の力を補助する
パワーアシストスーツ(PAS)を開発したと発表しています。



このPASは、装着することで約40kg分の重さを補助することができるほか、ベースとなる下半身パーツと
目的に応じた上半身パーツを組み合わせることで多様な作業に対応できることが特徴です。

また、PASの制御に足裏の力センサ信号を利用し、腰部と足部のみで人間とPASを固定する構造を採用したことで、
重労働でも汗の影響を受けない信頼性と容易な着脱を実現したとしています。
さらに、原子力向けロボットに用いる小型・高出力のモータと自社開発による小型基板の採用により、
アシスト力と軽量・小型化を両立。また、足裏の力センサは、数・配置を最適化することで、
作業員の動作を適切に読み取り、その動作を妨げないアシスト制御を提供するとしています。

当ブログ関連記事
医療用ロボットスーツ「HAL 医療用(下肢タイプ)」、新医療機器として了承
ホンダ、歩行リハビリ支援機器「Honda歩行アシスト」を発表(追記)
アクティブリンク、腰部負担軽減に特化したロボットスーツを発売
東京理科大学発ベンチャーのイノフィス、重量2割低減した腰支援用装着ロボを発売

    
 
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter