サイバーダインのロボットスーツ「HAL」、厚労省より医療機器として承認

マイナビニュース
サイバーダインのロボットスーツ「HAL」、厚労省より医療機器として承認

Cyberdyne_HAL_for_medicare_image.jpg
HAL医療用(下肢タイプ。欧州向けモデル)の外観 (出所:CYBERDYNE Webサイト)

CYBERDYNE(サイバーダイン)は11月25日、同社のロボットスーツ「HAL医療用下肢タイプ(HAL医療用)」が、
同日付で厚生労働省(厚労省)より医療機器の製造販売承認を取得したと発表しています。


HAL医療用は患者に装着して生体電位信号に基づき下肢の動作補助を行い歩行運動を繰り返すことで、
歩行機能を改善することを目的としたロボット治療機器で、今回、治験によって筋萎縮性側索硬化症(ALS)や
筋ジストロフィーといった緩徐進行性の神経・筋疾患患者への安全性と進行抑制効果とが
認められたことから、承認を得たとのことです。

また、HAL医療用は、同社代表取締役で筑波大学大学院 教授でもある山海嘉之氏が開発した
動作原理を搭載することで、患者の症状や身体機能、使用環境などに応じた細やかな対応が可能であることが
技術的な特徴となっています。

今後、同社はHAL医療用を用いた治療に対して保険適用を受けるための申請手続きを行う予定としていくほか、
HAL医療用については、今回承認された神経・筋難病疾患から脊髄疾患への適応拡大を目指した取り組みとして、
すでに2014年9月よりHTLV-1関連脊髄症(HAM)などの主に痙性のある対麻痺症に対する治験も進めているとしています。

関連記事
日経テクノロジーオンライン:ロボットスーツHAL、日本で医療機器承認を取得

当ブログ関連記事
ロボットスーツHAL、日本で医療機器承認を取得
「今期中にバイタルセンサーや清掃ロボを投入する」-サイバーダイン・山海嘉之CEO
羽田空港にロボットスーツ「HAL」導入 掃除・運搬にもロボット活用(追記)
サイバーダイン、HAL作業支援用ロボを「CEマーキング」に適合

    
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter