SCHOTTの薄板ガラス、スマホの指紋センサーカバーに採用

OPTRONICS ONLINE
SCHOTTの薄板ガラス、スマホの指紋センサーカバーに採用

SCHOTT_D263-T-eco_smartphone_image.jpg

独のガラスメーカー、SCHOTT AGは、同社の「D263® T eco」超薄板ガラスが、中国のスマートフォンメーカーの
最新フラッグシップモデルに指紋センサーのカバーガラスとして採用されたと発表しています。


このガラスは、誘電率が高く、サファイアガラスの代替として最適で、アルカリイオンが含まれるため、
イオン置換でガラスを化学的に強化することができるとのこと。また、化学強化していないガラスと比べ
約4倍の強度を持つので、薄さと強度が求められる電子機器用センサーに最適だとしています。
また、厳しい板厚公差を実現しており、板厚は50㎛から210㎛(量産向け)となっているとのことです。

この超薄板ガラスは、コストパフォーマンスに優れたカバー材料として、高い信頼性と性能を要求される
電子機器に最適だとしています。指紋センサーは、スマートフォンユーザーにとって利便性が高く、今後、
オンライン決済やスマートフォンでの決済、また、アクセス管理用として、指紋センサーを搭載した機器が
増えていくと同社では見込んでいるとのことです。

SCHOTT 製品ページ
超薄板ガラス

当ブログ関連記事
旭硝子、UV・IRカットリアガラスを発売
ガラス基板の東旭、昆山にCF工場 IVO・BOEに供給
日本板硝子、サーモクロミック調光ガラスを試験販売
旭硝子、エッジライト向けガラス導光板を発売

    
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter