旭硝子、UV・IRカットリアガラスを発売

OPTRONICS ONLINE
旭硝子、UV・IRカットリアガラスを発売

AGC_UV-IR_cutGlass_image.jpg

旭硝子は、11月から自動車のリアドアガラス・リアガラスにおいて紫外線(UV)を約99%カットしながら、
赤外線(IR)もカットする 「UVベール Premium Privashield™(プライバシールド)」の販売を開始するとしています。
これにより世界で初めて、自動車の全方位からのUV約99%カットを達成したとのこと。


同社は、2010年に世界で初めてUVカット率約99%を実現したフロントドア用強化ガラス「UVベール Premium®」、
また2012年には暑さやジリジリ感の原因となるIRカット機能を加えた「UVベール Premium Cool on®」の
販売を開始しています。

消費者の健康や美容に対する意識の高まりを背景に、UV・IRカットというニーズに着目して開発したこれらの製品は、
現在多くの自動車メーカーで採用されています。
これらの機能を後部座席のガラスにも採用したのが今回の製品のこと。

ガラスを皮膚に密着させた状態で、日本化粧品工業連合会の定める測定方式に従いUVを計測した結果、
従来のUVベール Premium シリーズ同等の評価である「SPF50+ / PA++++」相当となったとのことです。

また、IRカット効果について、実際に後部座席に座った人の体温をサーモグラフィーで測定したところ、
従来のプライバシーガラスに比べて頬の温度で-1.7℃、頭の温度で-2.4℃の
温度上昇の抑制効果がみられたとしています。

同社では、フロントドアガラスの「UVベール Premium Cool on®」、フロントガラスの「ラミセーフ®」や
「Cool ベール™」を併せて使用することにより、全方位から降り注ぐUVをカットし、運転席・ 助手席だけでなく
後部座席に座る人の肌を守るとしています。

当ブログ関連記事
日本板硝子、サーモクロミック調光ガラスを試験販売
旭硝子、エッジライト向けガラス導光板を発売
中国でガラス基板工場建設ラッシュ 旭硝子は恵州・日本電気硝子は南京・コーニング重慶
コーニング、高いトータルピッチ精度のディスプレイガラスを発売

    
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter