台湾パネル2社、OLED取り組み遅れが致命傷になる恐れ 金融機関レポート

EMSOne
【液晶パネル】 台湾パネル2社、OLED取り組み遅れが致命傷になる恐れ 金融機関レポート

apple_iphone6s_6splus_image.jpg

米アップル(Apple)がスマートフォン「iPhone」シリーズに韓国LGディスプレイの(LGD)の
有機ELOLED)パネルを採用するとの観測が浮上するなど、スマホ用やテレビ(TV)用パネルにおける
OLEDの勢力拡大が取りざたされています。こうした中、市場では、AUO(友達)、INNOLUX(群創、旧CMI)の
台湾系2社のOLEDに対する取り組みの遅れを懸念する見方が出始めているようだと報じられています。

当ブログ関連記事
iPhoneに有機EL採用 パネル産業が変わる
iPhone、少なくとも2018年までは有機EL採用なし、アナリスト予測
LGD、スマホ用AMOLEDでOPPOとVIVOに照準 シャープ・JDIに衝撃も
AMOLED材料市場見通し LGDのWOLED量産で需要急拡大 IHS調査

    
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter