電子ペーパーのE Ink、液晶事業さらに縮小 新竹2.5世代ライン閉鎖へ

EMSOne
【液晶パネル】 電子ペーパーのE Ink、液晶事業さらに縮小 新竹2.5世代ライン閉鎖へ

E-ink_logo_image.png

電子ペーパー最大手の台湾E Ink(元太、旧PVI)は、台湾新竹にある第2.5世代生産ラインについて、
現在手がけている液晶(LCD)パネルの出荷を終えた段階で閉鎖すると表明しています。
同時に、液晶業務を逐次縮小していくことを明らかにしています。

当ブログ関連記事
ソニー新規事業チームのもとで開発:電子ペーパーウォッチ「FES Watch」
フレキシブルデバイス世界市場、2020年に5,271億円規模に―富士経済
E Ink社が32型の電子ペーパーを試作、デジタルサイネージ向け
Plastic Logicがウエアラブル端末を試作、フレキシブル有機ELディスプレーでウエアラブル端末を試作

   
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter