サムスン、チョナン第5世代工場設備をTurlyに売却で調整

EMSOne
【液晶パネル】 サムスン、チョナン第5世代工場設備をTurlyに売却で調整

samsung logo_image2

韓国サムスンディスプレイ(Samsung Display)が、韓国忠清南道チョナン(天安)市にある
第5世代液晶パネル(TFT-LCD)工場(L5)の生産設備を、中国系のTruly (信利)に売却することで
調整に入った模様だと報じられています。

売却の話は14年6月ごろに一度報じられています。
再度報道が出たということはさらに具体的に話が進んだということではないかと思われます。

天安工場のラインはL3~L6ラインと呼ばれており、サイズとしては
G3.5(600×720)~G5(1100×1250)サイズとなります。

>【液晶パネル】 サムスン、チョナン液晶工場の旧設備を中国Trulyに売却 OLEDにシフトか


当ブログ関連記事
サムスン電子、第3四半期は2年ぶり増益 99億ドルの自社株買い発表
Galaxy S7、シナプティクスの感圧センサー「ClearForce」搭載か
サムスン、10.6世代パネル生産ライン建設か BOEに対抗?
スマホ用AMOLEDでサムスンが価格戦 JDIとの差2米ドルに

    
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter