「Apple Watch」、2016年リリースに向け次期モデル開発中か

CNET Japan
「Apple Watch」、2016年リリースに向け次期モデル開発中か

apple_apple_watch_image.png

Appleスマートウォッチの次期バージョンが開発段階にあると、中国のメディアサイトが報じているようです。


同記事は、フランスで現地時間11月11日に開催された投資家らとの会合で「Apple Watch」の製造を請け負う
台湾企業Quanta Computerの会長Barry Lam氏が発言した内容に言及しています。

この短い記事は、新しいApple Watchに加えられる具体的な変更については詳しく触れていないとのこと。
2016年のモデルが2015年のモデルより優れたものになり、
「全面的にアップグレードされたハードウェアとソフトウェア」を提供する見込みだとする
Lam氏の予想を簡単に伝えているそうです。

これまでの報道でも、Apple Watchの次期バージョンが2016年に発表される可能性は伝えらえています。

Appleが投入した初のウェアラブル製品であるApple Watchは、2015年4月に発売されています。
市場調査会社Canalysの試算によると、Appleはこれまでに約700万台のApple Watchを出荷しており、
出荷台数でサムスン、Motorola、LGを含むどの競合製品よりも大きく上回っているとのことです。

当ブログ関連記事
Apple Watch需要鈍化、通年1500万台割れの観測 KGI証券調査
Apple Watchの中国製部品に不具合 日本電産製に一本化へ─WSJ報道(追記)
Apple Watchは4月24日日本発売。価格は42,800円~218万円まで(追記)
Apple WatchのFPC受注、日本メクトロンとCareer Techの2社か


関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter