日立、全固体リチウムイオン二次電池の内部抵抗を低減する技術を開発

マイナビニュース
日立、全固体リチウムイオン二次電池の内部抵抗を低減する技術を開発

Hitachi_solid_LiB_component_image.jpg
全固体リチウムイオン二次電池の構成

日立製作所(日立)は、全固体リチウムイオン二次電池において放電性能の低下要因となる
電池内の内部抵抗を低減する技術を開発したと発表しています。



同成果は、日立および東北大学 原子分子材料科学高等研究機構(WPI-AIMR)の折茂慎一 教授らの
研究グループによるもので、「第56回電池討論会」にて発表されています。

一般的なリチウムイオン二次電池は、正極層と負極層をセパレータで隔てた構成となっており、
電池内に満たした有機電解液を介して正極層と負極層の間でリチウムイオンが行き来することで充放電します。
しかし、有機電解液は揮発性の有機溶媒が主成分であるため、リチウムイオン二次電池の耐熱温度は
60℃付近とされ、高温環境では冷却機構が必要となるなど、用途が制限されています。

そこで近年、高温環境下でのリチウムイオン二次電池の利用を目指し、不揮発性の固体電解質材料の開発が
進められていますが、固体電解質材料は有機電解液に比べてリチウムイオン伝導性が低いため、
実用化に向けて電池内部の抵抗を低減する必要がありました。

同研究グループでは、新しい固体電解質としてLiBH4系錯体水素化物を開発し、
これまでに室温から150℃までという広い温度範囲においてリチウムイオン伝導が可能であることを確認してきましたが、
今回、LiBH4系錯体水素化物を用いたリチウムイオン二次電池において、充放電性能の低下要因となる
電池内の内部抵抗を低減する技術を新たに開発。スマートフォン向け電池の約1/1000の容量(2mAh)、
約1/20のエネルギー密度(30Wh/L)に相当する小容量の電池において、150℃での電池動作を実証しています。

従来、正極材料がLiBH4系錯体水素化物と接触すると分解反応が生じ、
リチウムイオン伝導が阻害されるという課題がありましたが、今回、酸化物固体材料であるLi-B-Ti-Oを開発し、
正極材料とLi-B-Ti-Oからなる緻密な複合正極層を作製。これにより、正極材料を保護し、
分解によって増大する抵抗を抑制することができた結果、ほぼ0であった放電容量を
理論容量の50%にまで改善できたとしています。

また、剥離抑制接合層として低融点アミド添加錯体水素化物電解質を開発し、両層の間に配置したことで、
全固体リチウムイオン二次電池の内部抵抗が約1/100に低減。さらに前述の複合正極層技術と組み合わせることで、
放電容量が理論容量の90%にまで増大したとのこと。

同技術により、エンジンルームに搭載する自動車用の電源や大型産業機械に搭載するモータ用の電源、
滅菌加熱が必要とされる医療用機器電源など、高温環境下での電池使用が可能となるとしています。
今後は実用化に向け、大容量化をはじめ、エネルギー密度の向上、充放電時間の短縮化など、
性能向上を目指していくとのことです。

当ブログ関連記事
ユニチカ、リチウムイオン電池の熱暴走を防ぐポリイミドワニスを開発
日産、エネルギー密度2.5倍のEV用電池を20年に商品化-航続距離570Kmに
セントラル硝子、中国でLIB電解液の生産増強-需要が予想上回るペースで拡大
ボッシュは2020年代に全固体電池を量産、電動化のさらなる促進へ

    
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter