FC2ブログ

「さっとひと吹き」で有機EL照明に - 東北大、新材料を開発

マイナビニュース
「さっとひと吹き」で有機EL照明に - 東北大、新材料を開発

tohoku-univ_OLED_molec_material_image.jpg
「さっと一吹き」でつくられた単層型白色有機EL
ロゴが印刷されている紙は白色発光を確認するための対照として用いられている。

東北大学は短い工程でほぼ理論限界となる発光効率を実現する
有機ELが出来上がる分子材料を開発したと発表しています。



同成果は同大学の磯部寛之 教授(JST ERATO 磯部縮退π集積プロジェクト研究総括)の
研究グループによるもので、英国王立化学会誌「Chemical Science」に掲載されています。

有機ELを材料とする発光デバイスでは、デバイスに電場を印加して電流を流し、負の電荷を帯びた電子と
正の電荷を帯びた正孔をデバイスの材料中で出合わせ、出合った際に生じるエネルギーを光として取り出しています。
これまで、リン光発光材料を活用することで、量子効率100%という理論限界値が達成されていますが、
理論限界値の実現するためには「有機ELデバイスを多層構造にする」ことが最良と考えられていました。

今回の研究では、炭素と水素からなる「トルエン」を環状に連ねた新しい大環状分子材料を開発し、
これにより単一層という単純・簡潔なデバイス構造をもちながら、ほぼ理論限界となる高い効率で光を発する
有機ELを実現できることを発見したとしています。
研究では同材料を赤・緑・青という光の三原色すべてのリン光発光材料に適用できることが実証されており、
白色発光を行うデバイスの作製に成功。「さっとひと吹き」するだけで照明ができあがるとしています。

同研究グループは今回の成果について、「『単純化された分子材料で、単純化された有機 EL をつくりだす』。
そんな、近未来の有機 EL 照明の姿を想像させる重要な成果となります。」とコメントしています。

関連記事
OPTRONICS ONLINE:東北大,「さっと一吹き」有機EL照明を開発


当ブログ関連記事
LGD、スマホ用AMOLEDでOPPOとVIVOに照準 シャープ・JDIに衝撃も
パネル中国4社、フレキシブルOLED製造6世代ライン検討
三菱化学/パイオニア、塗布型有機ELパネルを発売
三菱化学とパイオニア、ブルーライトレス有機EL照明モジュールを開発(追記)

    
関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter