世界初、オンキヨーがナノレベルの繊維を用いた「セルロースナノファイバー振動板」の開発に成功

ITmedia
世界初、オンキヨーがナノレベルの繊維を用いた「セルロースナノファイバー振動板」の開発に成功

Onkyo_CNF_soundboard_image.jpg
開発に成功したCNF採用振動板

オンキヨーは、バイオマス素材「ピュアセルロースナノファイバー」(CNF)を使用した
振動板の開発に成功したと発表しています。


2016年から商品化し、車載スピーカーや自社ブランド製品などに採用する方針とのこと。
振動板の主原料である木材パルプを構成する繊維をナノレベル(1ミリの百万分の1)まで細かくして
採用するという、”最先端の製造技術”を確立したことになると報じられています。


CNFとは、植物細胞壁の骨格成分で植物繊維をナノレベルまで細かくほぐすことで得られるもの。
軽くて強い性質で、鋼鉄の1/5の軽さで5倍以上の強度を持つとされています。
また、植物由来のため、持続型資源で環境負荷が少ないのもメリットで
優れた補強用繊維として注目されています。

振動板としては、CNFをパルプに混抄することで強さとしなやかさ、軽さを実現。
さらなる音質の向上を果たしたとしています。
「スピーカー振動板の物性値で重要なヤング率は2倍に向上、高域再生帯域が拡大した」(同社)。
また同社では、「今後はあらゆる用途に適したスピーカーの開発や市場開拓を行い、
B to B事業およびAV事業の拡大と業績向上を目指す」とコメントしています。

関連記事
CNET japan:オンキヨー、セルロースナノファイバ使用の振動板を開発--2016年の商品化目指す

当ブログ関連記事
王子ホールディングス、ウェットパウダー状CNFをサンプル供給-水分量80%で造粒
セルロースナノファイバー、実用化段階に入る-機能性向上添加剤での用途先行
経産省、セルロースナノファイバーの評価技術を国際規格化へ
ピーエスバイオ、CNTを均一に分散する水溶性キシラン発売

    
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter