NIMS、高信頼/高効率ペロブスカイト太陽電池を開発

OPTRONICS ONLINE
NIMS、高信頼/高効率ペロブスカイト太陽電池を開発

NIMS_Perovskite_cell_image2.jpg

物質・材料研究機構(NIMS)の研究グループは、ペロブスカイト太陽電池において、
これまで電子抽出層とホール抽出層に用いられていた有機材料を無機材料に変更することで、
セル面積1cm2以上で変換効率を16%に向上させると共に、
実用化の目安とされる信頼性テスト(光強度1sunの太陽光で1000時間の連続照射)をクリアしたとしています。


シリコン系太陽電池よりも低コストで製造が可能だと期待されるペロブスカイト太陽電池ですが、
これまでに高い変換効率を持つと報告された研究成果は、いずれもセル面積が小さく(約0.1cm2)、
信頼性も低いものが多いため、ペロブスカイト太陽電池の実用化には、
セル面積の拡大及び信頼性の向上が急務となっています。

研究チームは、これらの問題を解決するため、まずは、
電子抽出層とホール抽出層に用いられた有機材料を無機材料に変更しています。
無機材料で作製された電子とホールの抽出層は電気抵抗が高いため、
層の厚さを数nmまで薄くする必要があります。

しかし、これらの薄層は面積の拡大につれ、ピンホールと呼ばれる欠陥が多くなり、
変換効率の低下を招くことになります。
そこで、ホール抽出層と電子抽出層にそれぞれLiイオンとNbイオンを高濃度添加して
導電性を10倍以上に向上させることができたとのことです。

それにより、大面積でもピンホールの少なくできる10-20nmまで厚い層を使用することが可能になったとしています。
その結果、面積1cm2以上のセルで再現性良く効率16%を得ることができたとのこと。
さらに、電子抽出層とホール抽出層ともに無機材料を用いることにより、
実用化の目安とされる光強度1sunの太陽光で1000時間の連続照射をしても、
変換効率の低下が10%以内に抑えられ、優れた信頼性を示したとしています。

今後、この成果をベースに、太陽光をより多く利用できる高性能材料を開発すると共に、
界面を制御することによって、より高い変換効率と信頼性を持つペロブスカイト太陽電池の開発を目指すとしています。
また、この成果の実用化研究を民間企業と共同で推進することで、
火力発電並みのコスト(7 円/kWh)を実現すると共に、太陽電池の普及に貢献したいとしています。

関連記事
EETimes:ペロブスカイト太陽電池、効率と信頼性を向上

当ブログ関連記事
物材機構など、太陽電池向け高品質・低価格な単結晶シリコンの製造技術を開発
カネカも太陽電池で25%台、「両面電極型では世界最高」
長波長の太陽光を利用できる材料の製造法を開発
NIMS、ペロブスカイト太陽電池の劣化/低再現性の原因を証明

    
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter