三菱電機が営業益予想を下方修正、常務「中国の影響表れている」

REUTERS
三菱電機が営業益予想を下方修正、常務「中国の影響表れている」

Mitsubishi_ele_logo_image.jpg

三菱電機は2016年3月期の営業利益予想を下方修正すると発表しています。


自動車機器は好調に推移しているが、FAシステムや半導体事業が前年同期を下回っていることなどを踏まえ、
前年比5.5%減の3000億円(前回予想3200億円)に引き下げています。
ただ、営業外費用や税金費用の減少などにより、当期利益は前年比6.3%減の2200億円で据え置いています。

売上高予想は、円安の影響などにより、前年比1.3%増の4兆3800億円(前回予想4兆3700億円)に
引き上げています。前提となる下期の為替レートは1ドル115円、1ユーロ130円。

松山彰宏常務は会見で、営業利益予想を下方修正したことについて
「中国の成長鈍化の影響が各事業に表れてきている」と説明。
「不透明感がますます強まってきている。とくに中国の経済鈍化が波及する東アジア、日本、欧州などの
景気動向がどの程度深刻になっていくかが読み切れない」と厳しい見方を示しています。

松山常務によると、第2四半期の受注状況はFAが前年比5%減、
半導体は前年に大口受注があった反動もあり、同41%減と大きく落ち込んだ模様です。

当ブログ関連記事
国内太陽電池4社の前3月期、パネル販売・出荷7%減-シャープなど住宅用にシフトへ
太陽電池メーカー各社、「4本バスバー」採用広がる-発電量増大、今春新製品相次ぐ
東芝三菱電機産業システム、透明導電膜用mistCVD装置を販売開始

    
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter