FC2ブログ

ユニチカ、リチウムイオン電池の熱暴走を防ぐポリイミドワニスを開発

マイナビニュース
ユニチカ、リチウムイオン電池の熱暴走を防ぐポリイミドワニスを開発

unitika_logo_image.jpg

ユニチカは、リチウムイオン電池(LiB)の熱暴走対策に有効な耐熱性保護膜を
簡便に形成できる技術を開発したと発表しています。


LiBにおける熱暴走を防ぐ方策としては、耐熱性のセパレータを用いる方法が開発されていますが、
より安全性を高めるための技術開発として同社は、電極そのものに200℃以上の耐熱性を有する
ポリイミドのナノ多孔膜を形成させる方法に着目。
同社が開発したポリイミドワニスは、基材に塗工し熱処理を行うだけで、
ナノ多孔膜を形成させることができるとのことです。

yunichika_polyimid_wanis_image.jpg
従来法との対比図

これにより、高価なナノ微粒子や廃液となるフッ酸などを用いる必要がなく、大幅なコストメリットが期待できます。
また電極と耐熱保護層との密着をより強固に確保することができるため、安全性を高めることが可能とのこと。

同社は、同技術の適用分野としてこのほかに、燃料電池の電解質担持膜や低誘電率絶縁膜(基板・電線被覆材)を
あげており、今回開発したポリイミドワニスに加え、多孔フィルムとしての展開も進める予定だとしています。

当ブログ関連記事
東レ・デュポン、ポリイミドフィルムの新タイプ完成-剥離強度20%向上
画面を財布のように「折りたたむ」スマートフォン…サムスン、来年発売(追記)
セントラル硝子、高いガスバリアー性能のフィルム試作開発
北陸先端大など、バイオポリイミド樹脂を開発-最高の耐熱性能

    
関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
11 | 2020/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter