日本ゼオン、SG法用いたカーボンナノチューブの量産工場が稼働開始(追記)

マイナビニュース
日本ゼオン、SG法用いたカーボンナノチューブの量産工場が稼働開始

Zeon_SG_CNT_plant_image.jpg
完成したスーパーグロース法カーボンナノチューブ工場

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)などは、NEDOプロジェクトの成果をもとに
産業技術総合研究所(産総研)が開発したスーパーグロース(SG)法を用いたカーボンナノチューブ(CNT)の
量産工場を日本ゼオンが完成させ、稼働を開始したと発表しています。
同工場は日本ゼオンの徳山工場内に建設され、量産を開始しています。



CNTは日本の飯島澄男 博士が発見した材料で、軽量・高強度であり、
電気や熱の伝導率が高いことからさまざまな用途への利用が期待されています。
新工場で用いられているSG法はCNTの高速・大量合成が可能であり、同手法によって得られるCNT
従来と比較して、高アスペクト比、高純度、大表面積といった特長を有し、
新機能性材料、次世代デバイスなどへの応用が期待されています。

産総研と日本ゼオンはかねてよりSG法の研究を進めており、産総研内のSGCNT量産実証プラントで
500×500mmの金属基板上に均一にSGCNTを合成することに成功するなどしており、
新工場ではそこで得られた技術が活用されています。
産総研らは、SGCNT量産工場の竣工により、同材料をコアマテリアルとした革新的な複合材料、
用途が広がると想定しており、その適用範囲が多岐にわたることから
日本において大きな産業が創出されると予想としているとのことです。

関連記事
日刊工業新聞:10gで表面積1ヘクタール、国産の単層CNT量産開始-日本ゼオンが11日に稼働

関連記事
(17/01/26追記)
日経テクノロジーオンライン:NEDO理事長、CNT発見から事業化までの25年間を解説

当ブログ関連記事
効率良くグラファイトを剥離――大量生産にメド
大林組と静岡大など、ISSでカーボンナノチューブの暴露実験をスタート
産総研、カーボンナノチューブを用いた透明導電膜の長期安定性を飛躍的に向上
東レ、米の炭素繊維工場を年内着工-17年稼働、年産5000t規模

    
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter