FC2ブログ

日産、エネルギー密度2.5倍のEV用電池を20年に商品化-航続距離570Kmに

日刊工業新聞
日産、エネルギー密度2.5倍のEV用電池を20年に商品化-航続距離570Kmに

Nissan_logo_image1.jpg

日産自動車は電気自動車向け(EV)のリチウムイオン電池について、
エネルギー密度を従来比2.5倍とした電池を2020年にも商品化するとしています。


現行のEV「リーフ」で単純計算すると、電池のサイズがそのままで航続距離は
228kmから570kmまで伸びることになります。

主要構成部材の一つである正極をこれまでのマンガンとニッケルからなる材料から、
マンガンとニッケルとコバルトからなる「3元系材料」に変えるなどして、現行リーフの電池パックと
ほぼ同じ大きさでありながらエネルギーを多く蓄えられるようにしています。
充電時間のスピードも1.4倍と早くなるとのこと。

正極材の変更に合わせて電解液の劣化抑制を最適化し、耐久性も改善したとしています。
EVの課題になっている航続距離の短さや充電時間の長さを解決し、普及につなげるとのこと。

当ブログ関連記事
LG化学南京EV用電池工場が竣工
鴻海、合弁工場で18年からEV量産か
ボッシュは2020年代に全固体電池を量産、電動化のさらなる促進へ
日産・兼松、米カリフォルニア州でEV利用拡大への実証事業を開始-長距離運転可能に(追記)

    
関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter