パイオニアが自動運転車向け3Dライダーの小型化に注力、「価格も1万円以下に」

MONOist
パイオニアが自動運転車向け3Dライダーの小型化に注力、「価格も1万円以下に」

Pioneer_3D-LiDER_depelop_mokup_image.jpg
パイオニアの仲野隆茂氏が手に持っている3Dライダーは開発目標のサイズのモックアップ

パイオニアは、「東京モーターショー2015」のプレスブリーフィングにおいて、
自動運転車で主要な役割を果たすセンサーとして期待されている3Dライダー
(レーザースキャナー、レーザーレンジファインダーとも)の開発の方向性について説明しています。



同社 取締役 兼 常務執行役員 カーエレクトロニクス事業担当の仲野隆茂氏は
「われわれは、これまでに培ってきた光ディスク技術を基に3Dライダーの開発を進めている。
自動車業界の各社と意見交換する中で、自動運転車に用いられるセンサーの本命は
カメラと3Dライダーだという話が出てくる。このうち3Dライダーは、周辺スキャンに用いるモーターなどの
構造による大きなサイズと、数百万円という高価な価格が課題だ。
そこで当社はこれらの課題を解決すべく、大幅な小型化と1万円以下の価格を
目標にした開発に取り組んでいる」と語っています。

パイオニアは現在、自動運転車向けの高度化地図を整備する車両に用いるタイプの3Dライダーを試作した段階。
これは、Googleの自動運転実験車などに用いられている3Dライダーと同様に、
車両の屋根に設置する大型の製品です。
これを、MEMSミラーなどを用いたスキャン構造の採用などにより、幅6×奥行き7×高さ5cmという
手のひらに乗るサイズまでの小型化を計画しています。
開発目標時期は「2022~2023年ごろ」(仲野氏)になるとのこと。

Pioneer_3D-LiDER_depelop_mokup_image2.jpg
3Dライダーのモックアップ

この小型化した3Dライダーの検知範囲は水平方向が210度、垂直方向は上側に15度、下側に5度となっています。
検知距離は80m。ランプカバーなどに組み込むことで車両の四隅に設置し、
車両の全周囲を検知できるようにするとのこと。

Pioneer_3D-LiDAR_depelop_using_image.jpg
3Dライダーの利用イメージ  出典:パイオニア

小型化と低価格化以外にも、赤外線レーザーの反射光を受光して得るセンサー情報から、
車両や歩行者、障害物といった存在を抽出する際のデジタル処理にも独自の工夫を加えているとのことです。

Pioneer_3D-LiDAR_depelop_using_PinP_image.jpg
試作した3Dライダーによる検知結果。PinPで実際の風景が表示されている

当ブログ関連記事
パイオニア、インドネシアで自動車ビジネスを強化
パイオニアが新川崎の本社を売却、東京都内に移転予定
パイオニアがアウディBMWダイムラーに買収されたHEREと提携、自動運転向け地図で
2025年ADAS市場、2014年比3.9倍の1兆820億円に

    
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter