長州産業、「バックコンタクト」+「ヘテロ」で効率21.5%の太陽電池セル

日経テクノロジーオンライン
長州産業、「バックコンタクト」+「ヘテロ」で効率21.5%の太陽電池セル

Tyosyu-sangyo_MWT-backcontact-cell_image.jpg
従来型太陽電池とMWTバックコンタクトの構造(出所:長州産業

長州産業はオランダのエネルギー研究所(The Energy Research Centre of Netherlands=以下ECN)と
共同して、変換効率21.5%を得られる太陽電池セル(発電素子)の技術を開発したと発表しています。


Tyosyu-sangyo_MWT-backcontact-cell_photo_image.jpg
新開発した太陽電池セル(出所:長州産業

タイプの異なるシリコンを積層する「ヘテロ接合太陽電池セル」と、
表面電極をなくした「メタル・ラップ・スルー型バックコンタクト」構造を組み合わせることで実現したとのこと。

長州産業は、シリコンのヘテロ接合太陽電池セル(SHJ)に関して
世界でもトップレベルの技術力を保有しているとのこと。
一方ECNは、メタル・ラップ・スルー(MWT)構造に関して世界で最も進んだ研究所といいます。
共同実験の結果、これまでMWT型の太陽電池で世界最高記録(20.3%)の変換効率を更新し、
21.5%の効率が得られることを確認したとしています。

SHJを使った太陽電池セルは、三洋電機(現パナソニック)によって発明された技術です。
高効率であることや、夏季の高温時にも性能低下が少ないことなどの特性から、
次世代太陽電池として注目が集まっています。

MWT構造の太陽電池セルは、通常の構造(H型パターン)と比較して、多くのメリットを持つとのこと。
例えば、配線によって生じる影が少ないので高い電流が得られ、寒暖による気温変化に対して耐久力を持ち、
基板の薄型化が容易になります。
また、H型パターンを持つSHJ太陽電池の製造工程に、比較的簡単な変更を加えることで
MWT-SHJ型の太陽電池セルを量産できるとのことです。

この試作の成功に関して、ECNのWyers取締役は、
「MWTの裏面接合技術は、SHJをはじめとするさまざまな構造の太陽電池に対して
驚くほど容易に適用できることが実証された」とのコメントを出しています。

当ブログ関連記事
カネカも太陽電池で25%台、「両面電極型では世界最高」
京大、高濃度で導入可能な高分子太陽電池向け色素を開発-エネ変換効率3割向上
長波長の太陽光を利用できる材料の製造法を開発
NIMS、ペロブスカイト太陽電池の劣化/低再現性の原因を証明

    
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter