GIS、次世代iPad Airタッチパネルの5割受注か

EMSOne
【液晶パネル】 GIS、次世代iPad Airタッチパネルの5割受注か

GIS_logo_image.jpg

米アップル(Apple)の9.7型タブレットPC「iPad Air」次世代モデルに搭載するタッチパネルを、
台湾GIS業成)が全体の5割を受注した模様だと報じられています。


台湾紙『経済日報』がアップルの台湾系サプライチェーンの話として報じたもので、
次世代モデルの発売は16年上半期、残り5割はサムスンディスプレイ(Samsung Display)、
LGディスプレイ(LGD)の韓国系2社が分け合うと伝えています。

当ブログ関連記事
GIS、タッチパネル一貫サービス拡充に125億円
iPhone 7タッチパネル、台湾2社がサンプル送付 0.2ミリガラスでJDIに挑戦
サムスンとTPK、12.9型iPad受注で初のタッグ
12型iPad、15年Q3末量産開始 パネル第1サプライヤーはシャープ(追記)

    
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter