FC2ブログ

アップル、2018年にはiPhoneに折り畳みディスプレイを採用か

iPhoneMania
アップル、2018年にはiPhoneに折り畳みディスプレイを採用か

Folding-phone-concept_image.jpg

今回、韓国のメディアがSamsungとLGが「折り畳むことが可能な」スマートフォンの開発を進めており、
いよいよ最終段階に入ったようだと報じています。


>サムスンとLG、曲げられる薄型バッテリの試作品を披露

折り畳みが可能なスマートフォンは、OLEDディスプレイ技術により製品化が可能になります。
OLED市場はSamsungとLGの2社がシェアを抑えており、TV向けディスプレイではLG、
またスマートフォン向けディスプレイではSamsungと棲み分けが出来ています。

今回の韓国メディアの報道では、SamsungとLG両社が折り畳み可能な
スマートフォンのリリースを準備していると報じています。

Samsungは既に試作品を完成
Samsung_project-valley_image.jpg

特にSamsungは、コードネーム「Project Valley」と呼ばれるユニークなデザインで、
デュアルスクリーンを搭載した、折り畳みスマートフォンの試作品を既に完成させており、
これまでの噂から早ければ来年1月にもリリースするのではないかと予想されています。

LGはアップルやグーグルに供給か?

一方、韓国メディアは、LGが初めて折り畳み可能なOLEDディスプレイの製造に成功したと伝えており、
LGは折り畳み可能なスマートフォンについての市場調査を開始している模様です。

さらに、LGは新たな折り畳み可能なディスプレイをアップルやグーグルに供給することを
検討していると伝えられています。

アップル、2018年にiPhoneに採用か

既にアップルは2018年には折り畳み可能なiPhoneの発売を視野に入れているとも噂されており、
このOLEDディスプレイを採用するに当たってSamsungかLG、もしくは両社から供給を受けることを
検討しているとも予想されています。

当ブログ関連記事
パネル中国4社、フレキシブルOLED製造6世代ライン検討
インセルの3つの欠点とメタルメッシュの優位性
AMOLED材料市場見通し LGDのWOLED量産で需要急拡大 IHS調査
ITRI開発のフレキシブルAMOLED、CPTが量産化へ

    
関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter