FC2ブログ

シャープ、液晶提携「複数社と協議」 液晶赤字拡大(追記)

REUTERS
シャープ、液晶提携「複数社と協議」 液晶赤字拡大

Sharp_Head_Office_image.jpg

経営再建中のシャープ(Sharp)の高橋興三社長は決算会見で、液晶事業の抜本改革の検討を発表し、
提携などの選択肢について「複数社と協議している」と表明しています。


2016年3月期の連結営業利益予想は100億円。
15-17年度中期経営計画の初年度目標の800億円を取り下げていますが、
16年度1000億円、17年度の1200億円の目標については「変えるつもりはない」と述べています。
一方で、「16-17年度は(液晶の)大きな構造改革で影響を受ければ当然、それを反映する」とも指摘しています。

高橋社長は「業績下振れはディスプレイ(液晶)が原因で、それを除くとほぼ想定通りに進捗している」と強調。
液晶事業の構造改革は、分社化や外部資本の受け入れを選択肢に協議していますが、
決着時期については明言を避けています。

同日、通期の液晶事業の計画を300億円の赤字に下方修正。
中国のスマートフォン(スマホ)市場の成長鈍化と価格競争の激化で、
従来の450億円の黒字計画を取り下げています。
4-9月期の同事業の赤字は264億円で、期初計画の80億円の黒字を大幅に下回っています。

下期の液晶事業は、コストダウンも進めて、赤字額を35億円に圧縮する計画です。
高橋社長は、液晶事業について「シャープ単独でも強い状況にならないと構造改革が進まない」と述べ、
分社化・提携協議のためにも立て直しに努める考えを示しています。

関連記事
REUTERS
焦点:シャープ液晶悪化、分社化・出資交渉は視界不良に
シャープ、中間最終損失840億円 中国スマホ液晶悪化
AVWatch
シャープ、'15年度上期は836億円の赤字。中国液晶不振
シャープ、第2四半期は営業赤字260億円に下方修正。中国スマホ向け液晶が不振
CNET Japan
シャープ、中国スマホ不振で836億円の赤字
シャープ、第2四半期営業利益を260億円の赤字に下方修正
ITmedia
シャープが下方修正 4~9月期は260億円の営業赤字に
シャープ、険しい再建の道 高橋社長、「けったいな文化」破壊注力を反省、謝罪
(15/11/11追記)
日刊工業新聞:シャープ、16年3月期見通しを下方修正-中国で液晶不振、当期赤字1000億円も

当ブログ関連記事
日本電産の永守氏が「シャープ退職者100人採用」明言
シャープ、カンパニー制がスタート-主要5事業を独立採算、液晶事業の売却準備も進む
シャープ、製造業の集積地・深圳にデバイス販売会社を設立
シャープ、液晶事業で鴻海との出資交渉急ぐ 協議入りで既に合意の報道も(追記)

    
関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
12 | 2021/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter