FC2ブログ

日立が中間業績予想を上方修正、金融システムや海外鉄道など好調

REUTERS
日立が中間業績予想を上方修正、金融システムや海外鉄道など好調

Hitachi_logo_image.jpg

日立製作所は、2015年9月中間期の業績予想を上方修正したと発表しています。
国内向けの金融システム事業が堅調に推移したほか、鉄道事業の海外案件も好調だったとのこと。


売上高にあたる売上収益は前年比5.5%増の4兆8060億円(前回予想4兆7000億円)に、
税引き前利益は前年比1.6%減の2540億円(同2000億円)に、親会社株主に帰属する当期利益は
前年比17.5%減の970億円(同700億円)にそれぞれ引き上げています。

ただ、通期予想については、中国や資源・産油国を中心とした経済成長の減速など
先行きが不透明だとして、据え置いています。

2016年3月期は、売上収益は前年比1.8%増の9兆9500億円、税引き前利益は同15.6%増の6000億円、
親会社株主に帰属する当期利益は同42.5%増の3100億円を見込んでいるとのことです。

当ブログ関連記事
歩行者の行動変化予測し衝突回避-日立など3社、一般道での自動運転基本技術を開発
日立の4-6月期は増収増益、先行き不透明感から通期を据え置き
日立、今期は3期連続で営業最高益へ、東原社長「稼ぐ力ついてきた」
儲けるためのR&D、絵で見る日立の研究開発戦略

    
関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter