中国スマートフォン市場、ファーウェイがシャオミに代わって出荷台数首位に(追記)

WirelessWire
中国スマートフォン市場、ファーウェイがシャオミに代わって出荷台数首位に

huawei_logo_image2.jpg

調査会社カナリス(Canalys)の調べによると、2015年第3四半期の中国スマートフォン市場で、
ファーウェイ(Huawei)がシャオミ(Xiaomi)を抜いて初めて出荷台数で首位に立ったとのことです。


この話題を採り上げたWSJによると、同期の出荷台数はファーウェイが前年同期比81%増だったのに対し、
シャオミは同8%減となっています。シャオミの出荷台数が前年割れとなったのは今回が初めてだとのこと。
WSJでは、第2四半期の市場シェアについて、シャオミが15.9%、ファーウェイで15.7%という
カナリスのデータを引用しています。
なお第3四半期の出荷台数についてカナリスからはいまのところ具体的な数字は示されていないそうです。

WSJは、ファーウェイ躍進の要因として、新機種のリリースや広告の大量投入を挙げています。
また流通チャネルや研究開発に関するファーウェイの優位性を挙げるアナリストの指摘も紹介されています。
シャオミは今年度のスマートフォン販売台数について、8000万台〜1億台という目標を掲げていますが、
上半期のスマートフォン販売台数は3470万台にとどまっていたとのこと。

カナリスによると、中国のスマートフォン市場はすでに新規ユーザーの伸びがほぼ頭打ちの状態にあり、
第2四半期の出荷台数は約1億560万台で前年から7%減少していたとしています。
また価格帯別では、販売価格200ドル以下の製品の出荷台数がマイナス28%と大幅減少、
それに対して200ドル〜500ドルのスマートフォン出荷台数は22%の増加を記録。
さらに、製品の平均販売価格はファーウェイが282ドル、シャオミが149ドルで、
中・高価格帯にシフトする需要の流れにシャオミが取り残された可能性もあるとしています。

関連記事
(15/11/09追記)
CNET Japan:第3四半期の中国スマホ市場、ファーウェイが販売台数でXiaomiを抜いて首位に

当ブログ関連記事
インドのスマホ市場でソニー「忘れられつつある」 中国勢「チープ」なイメージ払拭に苦戦
鴻海、スマホのHuaweiと共同出資でLTPS工場? 中国貴州に
中国の華為技術、上期売上高は30%増 15年「効果的成長」維持へ
指紋認証センサーのGoodix、小米・Huaweiから受注

関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter