山本縫製工場、金属線を布地にミシンで直縫いする縫製技術を開発-電極として使用可能

日刊工業新聞
山本縫製工場、金属線を布地にミシンで直縫いする縫製技術を開発-電極として使用可能

Yamamoto-hosei_metal_fab_image.jpg
金属線を糸のように使って縫いつける

山本縫製工場(香川県坂出市)は、金属線を糸のようにミシンで布地に
直接縫い付ける縫製技術を開発しています。



導電性のある金属線を下着やベルトに縫い付けることで、心拍数や血圧、呼吸量などを測定する
機器の電極として使用しセンサーを通してモニタリングできるとしています。
介護や医療、スポーツなどの分野で普及を見込むとのこと。

山本縫製工場が開発した新しい縫製技術は、ステンレスや銅など直径0.1-0.07mmの
金属線をミシンで布地に縫い込みます。かがり縫いや千鳥縫いで縫い付けるとのこと。
ミシンの調整や金属線の太さを変えたり、金属線と布地のしまり具合を変えることで
布地に金属線を直接縫い付けることを可能にしたとしています。

従来は繊維の表面にコーティングしたり電極となる金属板を布地に貼り付ける方法がありました。
しかし、電極部分が折り曲げを重ねることにより破損したり、
洗濯などで剥がれるなど強度に問題があったとしています。
金属線を布地に縫い込むことにより、破損や剥がれる心配が少なくなるとのことです。


当ブログ関連記事
情報サービス各社、ウエアラブル端末に商機見いだす-眼鏡型提案、差別化競う
サムスン、次期スマートウオッチ技術を他社に提供 アップル追撃(追記)
米国防総省、ウェアラブル技術の開発でアップルなど多数の民間組織と提携
過酷な現場を“服”が見守る-JALなど、那覇空港で生体センサー機能繊維を実証

    
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter