FC2ブログ

2050年、トヨタはガソリン車をほぼ「全廃」する

WIRED.jp
2050年、トヨタはガソリン車をほぼ「全廃」する

TOYOTA_prius_2015_image.jpg

トヨタ自動車は、持続可能性の取り組みに関する大胆な新計画を発表しています。


2050年までに、同社が製造する新車が排出する二酸化炭素(CO2)を、
2010年と比較して90パーセント削減する計画です。
ハイブリッド車(HV)や燃料電池車(FCV)などの次世代車の普及を進めることで、
従来型のガソリン車をほぼ全廃させるとしています。

さらにトヨタは、新車の製造からリサイクルまでの車のライフサイクルにおいて、
CO2の排出を完全に排除したいと考えているとのこと。
トヨタは、ハイブリッドカー「プリウス」による成功をベースにして、さらなるCO2排出の削減を目指す計画です。
たとえば同社は、進化したハイブリッド・パワートレインの研究開発において、
シリコンと炭素の化合物である新素材「SiC」を利用した高効率な「パワー半導体」を開発。
実証実験を行っています。

水素に関しても大きな計画を進めています。
日本政府は自動車業界に対し、燃料電池に取り組むことを奨励しており、
公道仕様の燃料電池自動車が登場し始めています。
トヨタの「MIRAI」はすでに製造が開始されており、MIRAIが動力とする水素の燃料スタンドが
ほとんどない状況である米国へも輸出されています。
(米国での受注台数は、年間販売計画の2倍近い約1,900台に達したと発表されています)。

さらにトヨタは、再生可能エネルギーと燃料電池などを利用することで、すべての製造工場で
CO2の排出をゼロにしたいと考えているとのこと。
また、世界中でリサイクルと環境保護を促進する目標を掲げています。



関連記事
日刊工業新聞:トヨタ、2020年にFCVの世界販売3万台-CO2排出量を9割削減

当ブログ関連記事
トヨタ、2020年めどに自動運転を実用化へ
トヨタ、年内にITSコネクトを世界で初めて実用化-運転支援システム、3車種に展開
完全自動運転に立ちはだかる二つの「巨大な壁」-トヨタなど、課題解決へ技術開発挑む
トヨタ、人工知能を搭載する自動車の研究に5000万ドルを投資

    
関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
12 | 2021/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter