TPK、iPhone 7用タッチパネルで厚さ0.18ミリの開発に成功の観測

EMSOne
【液晶パネル】 TPK、iPhone 7用タッチパネルで厚さ0.18ミリの開発に成功の観測

TPK_logo_image3.png

タッチパネルの台湾TPK宸鴻)が、ガラス2枚を貼り合わせる「GG」(Glass-Glass)方式で、
米アップル(Apple)がスマートフォン「iPhone」の用途として求めていた厚さ0.18ミリを実現したと報じられています。


2016年の旗艦モデル「iPhone 7」において、現行モデルに採用されている液晶パネルに
タッチセンサーを組み込む「インセル」(In-Cell)を退け、TPKのGGが採用される可能性が高まったとの観測が、
台湾市場や業界で浮上しているようです。
台湾紙『経済日報』がiPhoneの台湾系サプライチェーンの話として報じています。

当ブログ関連記事
iPhone 7タッチパネル、台湾2社がサンプル送付 0.2ミリガラスでJDIに挑戦
hJTOUCH、メタルメッシュ量産本格化 エイサー等に供給開始 15年Q3
TPK元工場長が中国HKCの8.6世代工場責任者に
インセルの3つの欠点とメタルメッシュの優位性

    
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter