ソニー、ベルギーの画像センサーメーカーを買収

EETimes
ソニー、ベルギーの画像センサーメーカーを買収

CMOS_imagesensor_sony_exmor_image.jpg

ソニーは距離画像センサー技術を手掛けるベルギーSoftkinetic Systems(ソフトキネティックシステムズ)の買収が
完了したと発表しています。これにより、Softkinetic Systemsはソニーの完全子会社となります。
買収額は非公表とのこと。


Softkinetic Systemsは、Time of Flight(ToF)方式を使った距離画像センサー技術を保有しています。
ToF方式では、光源から出た光が対象物で反射し、センサーに届くまでの光の飛行時間を検出することで
対象物までの距離を測定します。ToF方式距離画像センサーは、ToF方式で測距する画素をセンサー上に配置し、
とらえた画像から、対象物までの距離が得られるものです。

今後ソニーは、このToF方式距離画像センサー技術を同社のイメージセンサー技術に応用していくとのこと。
ソニーは、「これまで当社はイメージセンサーを主にカメラ向けに展開してきたが、今後はセンシング技術を測距など、
さまざまな分野での測量用にも広げていくことを考えている。現在、距離画像センサーは、
掃除用ロボットや産業用ロボット、ゲームや家電操作向けのジェスチャコントロールなどに、主に使われている。
ソニーとしても、こうしたマシンビジョン分野向けにもセンサーを展開することを目指していく」と話しています。
距離画像センサー技術を応用した新しいセンサーは、今後3~5年かけて開発していく予定だとしています。

併せて、Softkinetic Systemsが持つToF方式距離画像センサー関連の
ソフトウェアを活用した製品群も提供していく予定とのことです。

Softkinetic_logo_image.png
http://www.softkinetic.com/

Softkinetic Systemsはベルギー ブリュッセルと米国カリフォルニア州サニーベールに拠点を持ち、
従業員は77人となっています。

なお、ソニーは半導体事業の分社化を発表しています。
ソニーによれば、買収により取得したToF方式距離画像センサー技術は、
最終的には分社化によって設立される「ソニーセミコンダクタソリューションズ」で扱うことになるとしています。

Sony_cmos-image-sensor_figure_image.jpg
ソニーの裏面照射型CMOSイメージセンサー 出典:ソニー

関連記事
MONOist:ソニーがToF技術のSoftkineticを買収、撮像素子のセンシング化を狙う
REUTERS:ソニー、ベルギーの距離画像センサー開発会社を買収

当ブログ関連記事
エレキ完全復活は道半ば、「継続的に利益出る事業へ」=ソニー社長(追記)
ソニー、センサーなど半導体事業を分社化 来年4月営業開始へ
ソニーのCMOSイメージセンサー好調、サムスンは中堅以下にターゲット変更
ソニー、センサーなど好調で純利益が過去最高、オリンパス株売却も


関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter