トヨタ、2020年めどに自動運転を実用化へ

ITmedia
トヨタ、2020年めどに自動運転を実用化へ

Toyota_Highway Teammate_image1
自動運転実験車(Highway Teammate)

トヨタは開発中の自動運転実験車(Highway Teammate)のデモ走行を首都高で実施した結果を
明らかにしています。合流や車線維持、レーンチェンジ、分流を自動運転で実現したとのこと。
2020年ごろの実用化を目標に、研究開発を加速するとしています。


車載システムが地図情報との照合により自車の位置を高い精度で把握するとしています。
また、車両に搭載した複数のセンサーにより、周辺障害物や周辺車両の状況を認識し、
目的地に応じたルート選択やレーン選択を実行。
「認知・判断・操作」という自動運転の重要プロセスを高い次元で行い、
人間が運転しているかのように自動で操作することを可能にしたとしています。

Toyota_Highway Teammate_image2
2020年頃の実用化を目指す

今後、自動運転の実現に向け、高度な認識・予測判断を行う「運転知能」(Driving Intelligence)、
車車間・路車間通信を活用し、安全運転を支援する「つながる」(Connected Intelligence)、
ドライバーの状態認識、ドライバーとクルマの運転の受け渡しなどを行う「人とクルマの協調」(Interactive Intelligence)の3領域に注目していくとのことです。

Toyota_Highway Teammate_image3 Toyota_Highway Teammate_image4
Toyota_Highway Teammate_image5

関連記事
日刊工業新聞:トヨタ、自動運転技術の開発コンセプト発表-“完全自動運転車”の実用化を示唆

当ブログ関連記事
トヨタ、年内にITSコネクトを世界で初めて実用化-運転支援システム、3車種に展開
自動運転タクシーの実証実験、来年初めから開始=政府(追記)
自動運転実験プロジェクト、世界各国で続々開始-米ミシガン大が巨大実験施設(追記)
完全自動運転に立ちはだかる二つの「巨大な壁」-トヨタなど、課題解決へ技術開発挑む
トヨタ、人工知能を搭載する自動車の研究に5000万ドルを投資

    
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter