FC2ブログ

パナソニックとソニー、4K有機ELテレビを開発へ(日経エレクトロニクス)

パナソニックとソニー、4K有機ELテレビを開発へ

酸化物半導体で共通の駆動素子、発光層はそれぞれ試作
 パナソニックとソニーが、大画面の有機ELテレビの開発を本格化する。両社は、それぞれ4K×2K(3840×2160画素)映像(4K映像)を表示できる有機ELテレビ向けの技術を開発。2013年1月8~11日に米国ラスベガスで開催された民生機器の展示会「2013 International CES」で、56型の試作品を披露した(図1)。

日経エレクトロニクス2013年1月号にてパナソニックとソニーがICESにて4K対応の有機ELテレビを
披露したと報じられています。
駆動素子には酸化物TFT半導体を用いているとのことです。
シャープが経営再建の切り札として挙げているIGZO技術も酸化物半導体ですね。
この駆動素子は実は同一のもので、ソニーがパナソニックに提供したもののようです。
両社の違いは発光素子の形成方法の違いだそうで、
ソニーは従来実績のある蒸着技術を用い、一方パナソニックは印刷技術を用いているとのことです。
印刷技術を用いているとなると高分子型の材料が思い浮かびますが、
そこのところはどうなんでしょう。
高分子型は耐久性に難がある印象ですが、材料開発も各社が鎬を削って進めていますので
これからに期待が持てますし、製造方法のコストとしてはやはり印刷方法に軍配が上がると思います、
現時点ではサムスンもLGも蒸着方式を採用しているようですが
(3色方式とカラーフィルタ方式という違いはありますが)
材料技術に強みを持つ日本メーカーの特長を生かして印刷方式での実現を是非目指して欲しいと思います。

有機ELに関しては九州大学の安達千波矢教授のチームが開発した「熱活性型遅延蛍光(TADF)」についても
注目が集まっています。
「リン光材料は不要になった」と力強いコメントもされているようで、俄かに盛り上がってきていますね。
OPERA研究紹介

関連記事
ソニーが56型の4K有機ELテレビ、酸化物半導体TFTを採用
【CES 2013】印刷を用いた4K有機ELを公開、パナソニック、酸化物半導体はソニーと協力
関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter