FC2ブログ

「深センに拠点新設し『製販技』の展開をはじめる」-JDI執行役員CBO 柳瀬賢氏

日刊工業新聞
「深センに拠点新設し『製販技』の展開をはじめる」-JDI執行役員CBO・柳瀬賢氏

JDI.gif

ジャパンディスプレイJDI)が、スマートフォン向け液晶パネルの中国事業を拡大しています。
2015年4-6月期の同事業の売上高は前年同期と比べ約倍に伸びています。
ただ中国スマホは市場全体の成長が鈍化しているほか、新興パネルメーカーが台頭し競争が激化しています。
柳瀬賢執行役員チーフビジネスオフィサー(CBO)へのインタビュー記事となります。



―中国事業は14年度前半は苦戦しましたが、その後は順調に伸ばしています。要因は。
 「主役交代が激しい中国スマホにあって、勝ち組メーカーにしっかり食い込んでいけた。
 15年度上期(4-9月)としても売上高を前年同期と比べほぼ倍増できそうだ」

―中国スマホ市場は成長鈍化が鮮明です。どう見ていますか。
 「巨大市場であることに変わりはなく、買い替え需要もあり成長は持続する。
高機能化が進んでおり、もともとプレミアムゾーンを狙ってきた当社には追い風だ」

―シャープや韓国メーカーに加え、中国、台湾の新興メーカーとの競争が激化しています。
 「高機能化に対応できるLTPSを使った液晶パネルやインセルでは当社が技術をリードしていると自負している。
 優勢を保つため、差異化技術をいち早く投入していく。インセルの第2世代製品の量産を近く始める」

―中国スマホメーカーには、JDIの現地サポート不足を指摘する声があります。
 「(中国スマホメーカーが集積する)深センに拠点を新設し、開発から製造、販売まで一体化した『製販技』の展開を
 近く始める。地域密着の手厚いサポートを展開し、既存顧客との関係強化と、新興スマホメーカーとの関係づくりを
 同時並行で進める」

当ブログ関連記事
JDI、HDR映像対応の液晶ディスプレーモジュール開発-コントラスト比10万対1
JDI、第2世代インセル技術採用したタッチセンサー内蔵スマホ向け新型液晶を量産
スマホ用AMOLEDでサムスンが価格戦 JDIとの差2米ドルに
ジャパンディスプレイ、反射型液晶を1000億円の事業規模に育成-スマホ依存脱却へ

    
関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter