FC2ブログ

鹿島とリカノス、ドローン利用の土量・工事進捗管理システム開発-3次元図面高精度化

日刊工業新聞
鹿島とリカノス、ドローン利用の土量・工事進捗管理システム開発-3次元図面高精度化

Kashima_drone_using_image.jpg
ドローン利用の工事管理システムを開発

鹿島は3次元図面製作を手がけるリカノス(山形市)と共同で、飛行ロボット(ドローン)による
写真測量を利用して高精度な3次元図面を作成し、
土量管理や工事の進捗管理に利用するシステムを開発しています。



大規模造成工事で誤差±6cm以下の精度を実現。従来手法と比べ測定時間や費用を大幅に削減できるとしています。
新システムは測量するエリアに複数の基準点を設置。
地上で基準点の座標を測量した後、ドローンで基準点が写るように対象エリアを空撮します。
空撮で得られた写真データを3次元データ化し、CADソフトで読み込みます。
その結果、平面図や縦横断図の作成、土量計算による工事の進捗管理が可能になるとのこと。

実際の造成現場で新システムと地上からの3Dレーザー測量を比較しており、
新システムと3Dレーザーで得られた28万点の測定点で、90%以上の点で±6cm以下に収まり、
現場で利用できることを確認しています。

2ヘクタールの土地を測量した場合、3Dレーザーでは1日かかりますが
新システムは1時間ですみ、費用は1/4に抑えられるとのことです。

当ブログ関連記事
インテル、中国のドローン企業に出資(追記)
エアロセンス、ドローン事業のサービス発表-離着陸・飛行・撮影を自動化
三井化学、エアロセンスのドローン向け金属樹脂一体成型部品を受注
政府、「ドローン」ルール規定-航空法改正案を閣議決定(追記)
日立ソリューションズ、ドローン活用し鉱物原料の体積量を計測するシステム開発

    
関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter