FC2ブログ

木田精工、耐食性1.5倍の3000時間超に高めたネジ表面処理を開始

日刊工業新聞
木田精工、耐食性1.5倍の3000時間超に高めたネジ表面処理を開始

Kida-seiko_coating_image.jpg

木田精工(大阪府東大阪市)は、耐食性を従来比50%増の3000時間以上に高める
アルミニウム合金コーティング材を使ったネジの表面処理を始めたとしています。


コーティング材はユケン工業(愛知県刈谷市)との共同開発。
自動車部品や太陽光パネル部品などへの採用を目指し、初年度2000万円の売り上げを見込むとのこと。

薬品の独自設計や装置の工夫で加工対象物の上に不溶性腐食生成物を形成し、さびを防ぐ仕組みです。
厚みは5-8μmで、乾燥温度は260℃。耐食性向上のほか、ボルトやナットの表面処理で使われる
ディップスピン法で課題だった、ネジ頭凹部の液だまりを軽減するとの事です。

木田精工
http://www.kidaseiko.co.jp/


当ブログ関連記事
セルロースナノファイバー、実用化段階に入る-機能性向上添加剤での用途先行
熱に強い合金めっき技術開発 京都市産業研、世界初の量産化
MORESCO、光透過率高めて防汚性を付与できるカバーガラス処理剤開発
千葉大、「金色光沢」金属不要の新塗料を開発
KRI、樹脂・シリカ材でディスプレー汚れ防止する薄膜を開発

    
関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
12 | 2021/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter