FC2ブログ

自動運転実験プロジェクト、世界各国で続々開始-米ミシガン大が巨大実験施設(追記)

日刊工業新聞
自動運転実験プロジェクト、世界各国で続々開始-米ミシガン大が巨大実験施設

Mcity_image1.jpg
約13万平方メートルの敷地に市街地に近い施設を造った

世界各国で大規模な自動運転実験プロジェクトが動き始めています。



実験専用に町をつくった米ミシガン大学のプロジェクトには日本の車大手3社も参加しています。
自動運転車が実現すれば関連サービスも生まれるため、自動運転の創出する市場は巨大と見込まれています。
実証実験は技術の進展をサポートするだけでなく、各国が自国に産業を呼び込む狙いもあります。

Mcity_image2.jpg
エム・シティに日系自動車メーカー3社も参加した

7月にオープンしたミシガン大学の実験施設「Mcity(エム・シティ)」は
さながら映画のセットのようだと言われています。
約13万平方メートルの敷地に、建物は絵に描いたセットですが、さまざまな形状の道路や信号、標識、街路樹、
さらにはロボットの歩行者や犬もおり、突然道路に飛び出すこともあるとのこと。

同施設を担当するU-Mモビリティ・トランスフォーメーション・センター副所長のフェイ・ペン教授は
8月に来日した会合の場で、「テクノロジーは現実社会の問題を解決しなければ成功ではない」と
実用化への意気込みを語っています。
エム・シティには無線通信など、大学の技術・ノウハウも導入し、
まだ本当の市街地にはない新技術も試せるとのこと。

エム・シティのスポンサーには、トヨタ自動車と日産自動車、ホンダを含むメーカー12社が名を連ねています。
ミシガン州はデトロイトを擁し、米国自動車産業の中心ですが、海外勢の参加も多いとのこと。
ITSジャパンの天野肇専務理事は「ミシガンはかつて米国自動車産業が弱った後、
新しい自動車技術で復活を図ってきた。これに積極的に取り組んだのが日本を含む海外の企業」と説明しています。

(15/10/12追記)
日刊工業新聞:日立オートモティブ、米ミシガン大「Mcity」で市街地想定した自動運転の走行実験

当ブログ関連記事
完全自動運転に立ちはだかる二つの「巨大な壁」-トヨタなど、課題解決へ技術開発挑む
グーグル、自動運転車の販売視野に--責任者に現代の元幹部採用も
パイオニアがアウディBMWダイムラーに買収されたHEREと提携、自動運転向け地図で
トヨタ、人工知能を搭載する自動車の研究に5000万ドルを投資
Apple、日産やトヨタで品質計画関連幹部歴任者を採用 自動運転車担当か

    
関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
11 | 2020/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter