FC2ブログ

クビシメロマンチスト

クビシメロマンチスト―人間失格・零崎人識 (講談社文庫 に 32-2 西尾維新文庫)クビシメロマンチスト―人間失格・零崎人識 (講談社文庫 に 32-2 西尾維新文庫)
(2008/06/13)
西尾 維新

商品詳細を見る



読了。

この後に残らなさ加減が良い。

普段本を読む人は主人公の「ぼく」のように
日常生活で独りごちているのではないかと思う。

他人の事は結局わからないものだという
諦観に満ちている所に共感を覚える。
それでも社会生活を粛々と営んでいくのが生活なんだろう。

メッセージの謎は解けず。
ミステリ小説を読むときはあんまり積極的に謎は解かない。
「読者への挑戦」があったとしても、すぐ次のページをめくる。
読めば分かるしねぇ…。
でも森博司の小説でもそうだけど、最後まで明かされない謎も
最近はあって、それでも深追いはしない。

ミステリを読んでいるときこそ、
考えることを放棄しているのかもしれない。
日常生活の方がよっぽど謎に満ちているし、
加えてそのほとんどが最後まで明かされない。
小説を読んでいるときくらい、
すっきりと全て明かして欲しいのかもしれない。

それでも心に残るのは、
最後まで謎が残った小説の方が多いのも事実だけど。
蛇足で。

「だけどあたしは」
「そんないっくんのことが、大好きです」

っていうセリフを見て、
「ネガティブハッピー・チェーンソーエッジ」の
セリフを思い出しました。

こういうセリフになんか弱いですね。
関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

こんにちは - あきお - 2008年11月10日 15:02:42

いつも遊びに来ます。いつも日記凄いですね。僕も努力しないと・・・。ここのところ寒くなってきたので体に気をつけて下さい。またよらせて頂きます。

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
12 | 2021/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter