FC2ブログ

iPhone 6s Plusのバックライト製造に遅れ? ミネベアからRadiantに一部シフトの観測

EMSOne
【EMS/ODM】 iPhone 6s Plusのバックライト製造に遅れ? ミネベアからRadiantに一部シフトの観測

apple_iphone6s_image3.jpg

アップルApple)のウオッチャーとして著名な台湾KGI(凱基)証券の郭明錤アナリストは
最新レポートで、予約を開始したスマートフォンの15年旗艦モデル「iPhone 6s」「iPhone 6s Plus」のうち、
5.5型の6s Plusの製造が計画より遅れており、発売日用として準備されるのは
150万〜250万台にとどまるとの見方を明らかにしています。

郭氏は、出荷計画の遅れの理由を、6s Plusに搭載するバックライトモジュールの生産に
問題が生じたためだとしています。一方、4.7型の6sは計画通りだとのこと。

当ブログ関連記事
iPhone 6sシリーズ発表 台湾業者「発注規模、先代より明らかに多い」
金属筐体Catcher、iPhone 6S効果顕著 15年8月営業収益が歴代最高
Chipbondの新型iPhone用ドライバIC封止・測定受注規模、15年Q3は6500万セット
iPhone 6C、15年11月発売か 鴻海が生産要員の採用開始の報道


関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
11 | 2020/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter