FC2ブログ

グーグル、自動運転車の販売視野に--責任者に現代の元幹部採用も

CNET Japan
グーグル、自動運転車の販売視野に--責任者に現代の元幹部採用も

google_self-driving-car_image1.jpg

Google Xの政策担当責任者Sarah Hunter氏は米国時間9月10日、
カリフォルニア州公益事業委員会(CPUC)に出席し、
Googleは「実際に自動運転車を一から作る」ため、「数百台規模の」自動運転車を製造する予定だと語っています。
The Guardianが最初に報じていましたが、将来的に自動運転車の開発、販売も
視野に入れていることをHunter氏は認めています。



Hunter氏は試作車両の開発状況に関してもいくつか詳細を明らかにしています。
新たに加わった「発進」「減速して停止」「ただちに停止」といったボタンは、車両をある程度自分で操作したい
ドライバーのために、障害物を検知するセンサに加えて人間の目の代わりとして機能するものです。

Hunter氏は次のように述べています。


これをどのように市場に出すかはまだ決定していない。当社のエンジニアは目下、
純粋に自律走行する車両の開発手法を(中略)考え出しているところだ。
完成したら、それをどのように市場に出すのか、方向性も含めて検討するつもりだ。
大量生産して個人向けに販売するのか。それとも当社が保有してサービスとして運営するのか。


またGoogleは先ごろ、オンライン自動車販売会社TrueCarのプレジデントJohn Krafcik氏を
自動運転車プロジェクトの最高経営責任者(CEO)に指名しています。
Krafcik氏は9月に採用されましたが、FordやHyundai(現代自動車)での経歴を持つメカニカルエンジニアです。

プロジェクトの前責任者Chris Urmson氏は現在、Googleの車両開発の技術開発部門を率いています。

Googleの担当者はWSJに対し、次のように述べています。


当社はプロジェクトの進捗状況に満足している。そして現在、われわれがこの技術の可能性を
最大限に引き出せるよう促すことのできるチームの構築に投資していく。
目標を達成するために多様なパートナーと協力する中で、Krafcik氏の技術的な専門知識と
自動車業界での経験は特に力を発揮するだろう。


広報担当者によると、Googleは車両を自社で製造することは考えておらず、
製造を請け負う意向のある企業と提携したいと考えているとのことです。

関連記事
REUTERS:米グーグル、自動運転車計画のトップに元現代自幹部を起用
WSJ:グーグル、自動運転車部門トップに業界ベテラン起用
TechCrunch:Googleの自動運転車部門のCEOが決定、FordとHyundaiに24年いたJohn Krafcikだ

当ブログ関連記事
パイオニアがアウディBMWダイムラーに買収されたHEREと提携、自動運転向け地図で
トヨタ、人工知能を搭載する自動車の研究に5000万ドルを投資
Apple、日産やトヨタで品質計画関連幹部歴任者を採用 自動運転車担当か
自動運転車と人間との最適関係探る―産総研が研究拠点を設立

    
関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter