FC2ブログ

透けて見えるホームドアにコンテンツを放映 東京メトロが実証実験

ITmedia
透けて見えるホームドアにコンテンツを放映 東京メトロが実証実験

Tokyometro_Sharp_tranparent_homedoor_image1.jpg
透過状態を選べる=ニュースリリースより

東京メトロは、有楽町線・豊洲駅に設置している透過型のホームドアに、シースルーディスプレイによる
コンテンツを表示する実証実験を9月19日から行っています。


透過型ホームドアは同駅に試験的に設置。通常のホームドアと違って線路側が透けて見えるため、
駅空間の広がりを損なわないのが特徴とのこと。

実証実験では、シャープが試作したシースルーディスプレイをホームドアに設置。
駅の案内や広告などを表示でき、透過状態のままコンテンツを表示することも可能だとしています。

実験は半年ほどを予定。通常のディスプレイと比較した視認性や、
地下駅に向く映像の検討などを行い、今後の展開に生かすとの事です。

Tokyometro_Sharp_tranparent_homedoor_image2.jpg
豊洲駅の透過型ホームドア

シャープの試作ディスプレイは、カラーフィルターを使わず、RGB光源の点灯に合わせて画面を切り替えることで
シースルーのカラー映像を表示する仕組み。IGZO液晶ディスプレイ技術を採用し、画面の高速切り替えによる
なめらかな動画表示と、透過率の向上を実現しているとしています。

>シャープ、シースルー液晶ディスプレイを開発-来年から実証実験、17年度に量産へ

シャープニュースリリース
シャープのシースルーディスプレイを東京メトロ豊洲駅で実証実験
東京メトロニュースリリース
透過型ホームドアでシースルーディスプレイの実証実験を行います


関連記事
日経テクノロジーオンライン:シャープ、シースルーディスプレーを東京メトロ豊洲駅で実証実験
AV Watch:IGZO採用シースルーディスプレイが駅のホームドアに設置
OPTRONICS ONLINE:シャープ,シースルーディスプレイの実証実験を開始
CNET Japan:シャープ、シースルーディスプレイを豊洲駅に設置--9月19日から実証実験


当ブログ関連記事
シースルー発電フィルム、三菱化学が市場開拓へ
シャープ、ニトリHDに本社売却-固定費削減を推進
シャープ、10月1日からカンパニー制を導入。自律経営で収益強化
シャープ、米社と衛星通信向けアンテナ共同開発

    
関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter