FC2ブログ

小学館問題

今更ながら小学館問題について。

「金色のガッシュ!」の作者の雷句誠先生が出版社の小学館を
原稿紛失のかどで提訴した問題です。

すでにあちこちで言われていますが、出版業界の構造的な問題点が
浮かび上がってきたものなのかなと思います。
(関係者ではありませんので想像するしかないのですが…。)

「アニメがお仕事!」でアニメ業界の問題を石田先生が描かれてますが、
こことも似ているなと思いました。
作品をつくる側が「下請け」であるという構造になってしまっている、
力関係が発生してしまっているという問題です。
「もっと安いお金でやる人は一杯いる」という認識が双方にあるが故に
発生しているのかもしれません。

しかしネットが発達して誰もが作品を発表する機会が増え、
作者と読者が直接結びつくようになってきた今、
あくまで仲介者である出版社の存在意義というものが
問われている気がします。
(ここらへんは昨日のエントリーにも通じるものがあるように思います)
関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter