FC2ブログ

農水省、モモなど軟らかい果実向け箱詰めロボ開発へ-17-18年度めど商品化

日刊工業新聞
農水省、モモなど軟らかい果実向け箱詰めロボ開発へ-17―18年度めど商品化

農林水産省は2016年度から、モモなど軟らかい果実の選果・箱詰めロボットの開発を目指すとしています。
17-18年度をめどに商品開発や実証試験を終える計画で、モモ以外の果実にも横展開する考えとのこと。


果物はコメなどに比べ単価が高く、外観や表面の傷などが商品価値に大きく影響するため、
扱いに細心の注意が要求されます。糖度や味覚センサーも登場していますが、
箱詰め作業の多くは人手に頼っているのが実情となっています。

農水省が開発を目指すロボットはこうしたことを念頭に、人手を補うとともに
扱いやすさや、低コストなどに重点を置いています。
民間企業と大学、研究序などでつくるコンソーシアムを16年4月めどに公募する考えです。
応募者の中から候補先を決定し、画像認識センサーや搬送ロボットなど既存技術も応用しながら、
現場で使いやすいロボット開発を目指す考えです。
すでにモモやイチゴ、サクランボなどの軟弱果実では傷つかないようにする
専用容器や包材も開発されており、これらとの連携も図るとしています。

当ブログ関連記事
農水省、果樹栽培にロボ導入-カキやリンゴなど、機械が動きやすい樹形整え効率化へ
農作業、ロボットにお任せ-農水省、来年度から農業分野ロボを実証

    
関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
11 | 2020/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter